正直になれなかった大学生

普通のことを普通につらつら書いていく。そんなブログ。

クレジットカード

 
財布からいちいち小銭や札束を出さなくて良いクレジットカードってなんであんなに便利なんだろう。
 
私は家の教育方針上カードを作ることができないから、友達が「クレジットカードで」と言ってる横目で小銭を慌てながら出していることが多い。これはスマートかスマートじゃないかの差が出るので重要なポイントだ。
 
 
また、クレジットカードによって疎外感も感じる。
 
ユニクロで服を買っていると1階のレジが混雑していた。すると、「2階のセルフレジが空いています。混雑時にはこちらをご利用下さい」との店内放送が。セルフレジがあるならと、わざわぜ2階に行きバーコードを通した。そうすると今度は「クレジットカードをスキャン」してくださいとの表示が出た。いや持ってないんだけど…という思いでキョロキョロ。近くにいた店員がそんな状況を察して「この階のレジはクレジットカード専用となりまーす」と声を張り上げた。
 
なんで先に言ってくれないんだ。支払い寸前で言われても遅いんだよ。 
が、そもそもそんな悪態付くのはおかしい。なぜなら、帰り際に上を見ると「このレジはクレジットカード専用です」と天井から垂れ下がるボードが目に映った。なんて恥ずかしいんだろう。あんなにでかでかと書いてあるのに気づかなかったなんて。
 
 
そして、思う。どうしてクレジットカードを持ってるか持っていないかで対応が変わってしまうんだろう。格差か、これは。クレジットカードを持っていると商品を買うたび改札を通るたびになぜかポイントが貯まって、そのポイントで好きなものが買える。一方で我々非クレジットカード民は小銭を探しながら慌てふためいたり、改札では残高不足でゲートに阻まれる。そして、そこにはなんの特典もつかない。
一緒懸命小銭を探す時間、改札に阻まれる恥ずかしさを感じないためにも早くクレジットカードが欲しい。
 
社会人になったら絶対クレジットカードつくってドヤ顔で「クレジットで」って言うんだ。
ちなみに、苦肉の策としてLINEpayを作ってみたが、使えないと言われたのはなぜか。プリペイドだけどあれもれっきとしたクレジットカードではないのか…。
 
 
 
p.s. 868円の時に1068円を出して200円のお釣りを貰うのって快楽だよね()