正直になれなかった大学生

普通のことを普通につらつら書いていく。そんなブログ。

神が死んだのはなぜ

ツァラトゥストラはかく語りき (講談社まんが学術文庫) ニーチェ (原著), 堀江 一郎 (著), 十常 アキ (著) 

 
 「神は死んだ」。このフレーズはニーチェの代名詞的セリフだ。しかし、ニーチェが唱えた哲学をどれだけの人達が知っているだろうか。
 
 まずニーチェがなぜ「神は死んだ」と唱えたのか。それは「神」がルサンチマン、つまり嫉妬によって生まれたものだからだ。奴隷制がまだあった頃、奴隷たちは権力者に抗う術として「神」を作り上げ、その後「神」からの救世主が現れ「汝の敵を愛せ」と言った。この真意は「弱くても 信じていれば死んだあとに天国へ行ける」が「強くても威張っている奴らは地獄へ堕ちる」にある。つまり現実では抗うことはできないが我々は天国に行けるのだという逃避である。そしてこれは現代の「道徳」にも近い。ある資産家が農家の土地をレジャー施設を作るために買収した。それに対する農家は「今まで長い間ここで野菜を作ってきたんだ!」「人間じゃねえ!」と声を上げて同じことを訴え続けることと同じだ。しかし、これも資産家に対して勝つすべがない農家が「道徳」に逃避しているだけである。これは先の権力者と奴隷の関係とも同じで、奴隷が権力者に抗えないために、死んだあとどうなるかを考え出すようなことである。このような弱者から強者へのルサンチマンから「神」が生まれただけなので、ニーチェはもう神はいない、「神は死んだ」と示したのだ。
 
 さて、神がどうの道徳がどうのと話してきたが、「神が死んだ」がどういうことか少し見えただろうか。そして、この「神」が死んだことで世界がどうなったのか。それはニーチェに関する書籍や本書を読んでみてほしい。本書は名著を漫画にしてわかりやすくしたものである。しかし、ただ漫画にしてわかりやすく説明するだけではなく、サッカーを題材にしたストーリーがあり、それに沿ってニーチェの考えを練りこんでいく構成になっている。なので純粋にサッカー漫画としても読めるし、ニーチェの大まかな哲学もいっしょに知ることができる。
 
 最近できたこの講談社学術まんが文庫というレーベルは他にも、マルクスの「資本論」やドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」などを取り上げている。興味はあるけど原著を読むのは少し…という方には入門の入門にふさわしい入り込み方になっているので楽しんで読める。おすすめ!
 

 

ツァラトゥストラはかく語りき (まんが学術文庫)

ツァラトゥストラはかく語りき (まんが学術文庫)