正直になれない、

雑記メイン、トキドキ読書録

昇降口の時間

お題「雨の日のちょっといい話」

 

お題…。

雨の日のちょっと「いい」話。

…ブログで書くことは決まって「わるい」話なこのブログだけど、企画によって「いい」話を書いてみるのは悪くないかなと思って参加してみることに。

 

と言っても邪念・鬱憤がないのって小学生時代しかないのでそこからなんとか思い出す。

 

 

 

小学校4年生ぐらいのことだったか。下校時刻に大雨が降り始めて家に帰れなくなることがあった。

その日は午後に急な雷雨があるとお天気お姉さんが言っていたんだけど、私はうっかりして傘を持っていくのを忘れた。

今思えば友達に相合傘をしてもらえばいいだけの話なんだけど、なぜか昇降口で皆が傘を差して帰っていくのを羨ましそうに眺めてた。

 

取り残されたという惨めな思いを感じながら、しばらくぼーっとしていると後ろから「ちゃつくん!」と呼びかけられた。2年生のころ同じクラスだった女の子だった。便宜上F子ちゃんとする。

F子ちゃんは「雨ひどいね〜」と言いながら笑いかけてきた。手にはピンク色の傘があった。

 

「たしかにひどいね。でも今日傘忘れちゃって帰れないんだ」

「今日降るって言ってたじゃん!」

「玄関に行くまでは手に持ってたんだよ」

「それでなんで忘れるの!」

 

傘忘れたトークで少し盛り上がり、一通り終えたところでF子ちゃんは言った。

 

「どうせだからちゃつくんとこのまま少しここで待つよ」

 

そう言ったことに驚いた。何のメリットもないのに。

 

「いいよ。傘あるんだし帰りなよ」

「だって、ちゃつくんが帰れないのはかわいそうじゃん」

 

皆に置いて行かれて心細くしていた私にとっては嬉しかった。

待っている間は無言のこともあったけど、雨の音でそれも紛れてなんだか良い雰囲気だった。

 

30分ほどして、雨が上がった。

 

「雨止んだね、それじゃ帰ろうか」

 

私とF子ちゃんは校門まで一緒に歩いていった。

 

「ありがとう、一緒に待っててくれて」

「ううん、いいよ。それじゃあまたね!」

 

通学路が別なのでそこで別れた。

 

 

ただそれだけだったけど、今思い出すと私にも青春の1ページのようなシーンがあったんだと不思議な気持ちになった。わざわざ私のために時間を使って一緒に過ごしてくれた人がいたんだ、と。

あの日は雨が降ってよかったなと思う。 

 

 

…ちなみに後日談だけど、F子ちゃんは私のことが好きだという噂が出回っていた。私自身も雨の一件があったので、バレンタインデーの日に友達から「F子ちゃんからチョコもらった?」と聞かれて「ううん、まだ」と答えるぐらい浮かれてた。

だけど、その2週間後にF子ちゃんは他の男の子と付き合い始め、自分はひどく自惚れていたんだと実感することになった。

 

自惚れてもしょうがない気がするんだけど、もしかしたらF子ちゃんが誰に対しても優しい人だということだったのかな。

 

 

今回参加させてもらった企画の主↓

sourceone.hatenablog.com

尖っている毎日へ

すべてはモテるためである (文庫ぎんが堂)  二村 ヒトシ (著) 

 

 なんで俺を受け入れてくれないだ!

 俺は特別なんだ!

 なんで…なんで…。

 

 こういった妄想やこじらせを世間では「厨二病」と言いますね。

 これを大人まで引きずっているやつは「変わっている人」と呼ばれることもあります。

 

 上記の人って概ね信頼できる「居場所」がないことが多い。この居場所がないからこそ臆病になり、相手が先に受け入れるまで決して心の扉を開こうとしないのが常であります。そして、相手から話しかけてこない、他のやつらは仲よさそうにしやがって、と勝手に相手を恨んでしまう。そのため、居場所を形成することがどんどん難しくなるという負のスパイラルに囚われます。宮台真司は「女性(男性)と付き合うことができたらほとんどの悩みは解決する」といったようことをある本で述べていました。これはまさしく真でありましょう。恋人とは絶対的な居場所となります。学校でひどいいじめにあっても、職場でどんな失敗をしようとも、「私を受け入れてくれる」恋人の場所へ戻って安心することができるからです。

 

 ですが、居場所を形成できない人も多い。現代社会では特に地域のつながりも稀薄になっています。そこで展開される「コミュニケーションゲーム」に勝ち残れない人は冒頭のような妄想人間になってしまうのです。

  

 そんな状態の人間を著者は「キモチワルい」と一蹴します。なぜかって? 相手の土俵に上がれていないからだよ、と。

 自惚れバカは「イケてる俺に付いてこないなんてもったい」みたいな態度が全面に出てしまっているし、考え過ぎの暗い人は相手との接点がなくなるのでモテないのです。このようにキモチワルい、と言ってもそれぞれあります。それを著者はまず、モテるとはどういうことか、何がキモチワルい要素になっているか、自分はどんな人間なのか、ということを分析、後半では前半で理解した自分の現状からどう行動していくのかを指南します。

 本書はいくつも存在する「モテ本」とは一味違います。モテないことを玉ねぎの皮を剥ぐようにして根本を探っていくものとなっています。そして、根本にはキモチワルさが存在しています。そのキモチワルい人間にはどんなパターンがあるかをさらに分析しています。「なんで俺は…」と現実から逃避し、自分分析ができない人に代わって著者がやってくれる。このことだけでも読む利点になります。

 

印象に残った言葉

「相手の態度や性格や、状況によっても、(分類のタイプが:引用者注)ころころ変わるものです」

 

すべてはモテるためである (文庫ぎんが堂)

すべてはモテるためである (文庫ぎんが堂)

 

これからのアニメ世界論

平成最後のアニメ論 : 教養としての10年代アニメ (ポプラ新書) 

 

 平成最後のアニメは世界観アニメである。

 

 アニメに熱狂するのは中学生あたりがピークだと思う。私もクール初めに10本以上アニメを録画して選別していた頃が懐かしい。そんなアニメに熱狂できたのもすでに10年以上前のことである。現在はアニメどころか、マンガもあまり読まなくなってしまった。だが、最近のアニメを見てみるとなかなか面白い。作画がすごいのだ。ぬるぬる動く。昔はここまで動くのは映画アニメぐらいだったようなぁとまるでおじさんみたいな感想を持った。

 本書に紹介されたアニメを見てみても面白いものは多かった。例えば、『メインドインアビス』。このアニメは、かわいい見た目をしたデフォルトされた作画とは裏腹に、とても後味の悪いエピソードがあったり、常に油断できない世界をさまよっているという不安感があり、「かわいい」と「怖い」のギャップに震撼した。他には『幼女戦記』。以前から名前を知っていたが、勝手に萌え要素強めの戦記ものだろ? と考えていた。しかし、実際見ていると、「幼女」という一点がやたら際立っているだけで、戦争の中身はとても本格的。強い味方が1人いるだけでは戦争に勝てるわけではないし、結局平和とはなんなのか、憎悪は断ち切ることができないのかなど、色々と考えさせられてしまう内容だった。

 

 本書は「『設定』に凝った」アニメの増加に気づいた著者が、「世界観アニメ」と称して論じていく。一見、ある時期もてはやされた「データベース消費論」や「物語消費」と変わらないと考えてしまうかもしれない。著者もそれ自体は一部認めている。しかし、それらと異なる点は、受け手側が自分の世界像(常識とか考え方とかそう言ったもの)と照らし合わせ、新たな世界像を構築し直すものとしてアニメを視聴するという方法だ。それを実践すべく 「あの世とこの世」、「かわいいと怖い」「戦争と宇宙」の3つをジャンルとして打ち立て10年代のアニメ、そしてこれからのアニメについての展望を予想する。

 

 著者のネタバレを避けたあらすじの説明がとても際どく、具体的な内容が気になってつい見てしまう。さらにアニメの考察、アイデアがあらゆる文献を使って裏付けされ、一見突拍子もないように見える論も、納得できるように語られている。漠然と何かを楽しむだけではなく、例えばこのアニメ論のように分析の視点を持って見てみても良いかな、と思えるそんな本になっている。

 

印象に残った言葉

「この講義を受講する者は、深夜枠を中心に週に20本以上『アニメ』を視聴しておくこと」

 

(167)平成最後のアニメ論: 教養としての10年代アニメ (ポプラ新書)

(167)平成最後のアニメ論: 教養としての10年代アニメ (ポプラ新書)

 

平成ジャンプ!

 

平成生まれの私、見事「平成ジャンプ」してしまいました!

(ちょっと意味違うけど)

 

いったい何人の方がジャンプしたのか。

せめて全国民の8割以上はいてくれ…。

 

あ、知らない方がいらっしゃるかもしれないので説明すると、

平成ジャンプとは、昭和生まれの人が平成の間に結婚しないこと、だそう。

 

世の昭和世代の人々は、

「運命の人と結ばれないで、平成の時代を飛び超えちゃった(๑´ڡ`๑)」

って感じですよね。きっと。

 

…正直、対岸の話として聞いていられない。

だって、うかうかしてるとそのうち「令和ジャンプ」とか言われますもん。

そもそも、今回の平成ジャンプだって、「平成の間に彼氏/彼女がいなかった人」ぐらいまで定義が拡大してるだろ! きつい!

 

いやぁ、もう将来結婚できるのかなぁ。

ここ最近ほんとうに怖くて、

焦り→嫉妬→憎悪→消沈→焦り→嫉妬…のループで辛い(ほとんどダークな感情の嵐)。

そのことを早く頭から追い出したいから、

出勤日来い!

会社行きたい!

悩みを浄化してやりがいを与えてくれる会社万歳!

 

 

このように、周りが平成最後の思い出をツイートやブログで書き綴っている中、私は人間…というか動物が本来持っているものを失っているかのような劣等感を感じて、令和以後がとても不安でしょうがないのです。

 

 

追伸

宣誓! 

私たちは「彼女いない歴=年齢かつ童貞」であることから卒業するために、令和の時代を紳士にひたむきに過ごし、数々の女性と一夜を共にすることをここに誓います!

新社会人の早めの悩み

 

すべての悩みは対人関係の悩みである

 

よって、人間関係が上手くいっている人は悩みがない。

 

まったく、論理的な答えになっていませんが、私はだいたいこう思ってます。

 

だから彼氏彼女がいれば全ての悩みも解決…とまではいかないまでも、だいぶ緩和されるのではないでしょうか。

…彼女がいない歴=年齢の話はもう言いすぎて飽きてきた感があるのでやめようかな。

 

 

今回書きたかったのは新入社員の実感なんかです。

もう2週間ぐらい経って、目の前にGWが目の前に迫ってきましたが、個人的にはなんの問題もなく過ごしてきたつもりでした。

 

しかし、周りから(特に最近)よく「大丈夫?」「苦しくない?」とやたらに聞かれるようになりました。

すごく嫌です。

もともと、マイペースなところがあり、話したいとき話したくないときの気分があるので、しゃべらないときは本当に何もしゃべらないことが多々あります(というか、そっちの方が多い)。そんな状態を心配してか、よく上のような言葉を投げかけられました。

 

いやー、私は"大丈夫"なんだけどなぁ。

 

しかし、社会経験豊かな方々はきっと、社会人なんだから周りに気をつかって、もっとコミュニケーションとれや! とおっしゃるだろうと思います。

その通りです。

まだ学生気分が抜けてない。好きな時に好きな行動はもう通用しない。そのことは肝に命じておくべきだなと思いました。

 

ただ、コミュニケーションにおいて言われて納得できたのは、

「誰も助けてくれなくなるぞ」

という言葉ですね。

いまコミュニケーションを少しでも取って、ある程度関係を築いておかないと、仕事で苦しい時に助けてくれなくなるそうです。まあ、そりゃあ人間だもの。いつも無愛想なやつに手なんか差し伸べてはくれないよね。

だから、「仕事が完璧にこなせる人になる」か「いまコミュニケーションをがんばる」かの2択しかないんだろうなぁ。ほかに選択肢があるならば教えて欲しい。

視野が狭くなってる。なんだかたんだ会社に染まり始めているのかな…。

過敏という解決しない悩み

 

  • 子どもの話し声
  • キーボードの打刻音
  • いびき
  • 鼻をすする音
  • 図書館のコソコソ声
  • 隣の咀嚼音

挙げればキリがないほどの不快と感じる音。

しかも、一度耳にとまれば、ずっと止まり続ける音。

生きていてなんのメリットもないこの特性を早く手放したいと思っています。

過敏な世界で生きているとストレスも高まりやすくなり、イライラも溜まります。


また、この特性がやっかいなのは、人に話しても理解されないこと。

「そんなのみんな感じてるよ」「おまえはそれを改善するために努力はしているのか」などと言われるのがオチ。

私はそのためにいつも耳栓は持ち歩いて音を遮断することに努めてる。でも、一回聞いてしまった不快な音は、耳栓で埋まった耳の中を通じてかすかに聞こえてしまう。無意識に音を聞きとろうとしてしまって、ストレスがかかってしまうのです。

 

本当に生きるのがめんどくさいと思います。他人を注意しても他人を不快な思いにさせるだけだし、そんな過敏すぎる自分に嫌悪しか感じられなくなります。

 

こんな症状、どうしたら良いのでしょうか。私には解決策が浮かびません。

これから社会人なわけだけど

 

早いもので、もう社会人。

就活中は、「あの会社の人事クソだ」「リクルートは学生にも企業にも媚びを売る悪魔だ」「建前じゃなくて本音で喋らせろ」なんて悶々とした気持ちで過ごしていたけど、もう就職先も決まって社会人ですよ。

はぁ〜早い。

 

で、思ったんだけど、ブログ名どうしよう。

もう社会人だから大学生って名乗るは卑怯ですよね笑

個人的には、このままいきたいんだけど…。

 

『正直になれない社会人ブログ』?

『正直になれないまま社会へ進む人』?

『Not to be honest』?(英語これで合ってるのか…w)

 

うーん、なーんかしっくりこない。

絶対『正直になれない』は入れたいんだ。


まあ、しばらくはこれでいきます。

「おめえ、学生じゃねえじゃん!」とか言われそうだけど、また学生に戻るかもしれないし…苦笑


てことでこれから不定期だけど、『正直になれなかった大学生ブログ』『正直になれない大学生ブログ』で投稿していきますので、よろしくお願いします!

また、(少ないけど)読んでくれてる方、またスターをつけてくれている慈悲深い方々、いつもありがとうございます!