正直になれない大学生ブログ

普通のことを普通につらつら書いていく。そんなブログ。

どうしよう今日書くべき本がない

どうしよう今日書くべき本がない。

なんだか最近は新書を読むのがまったく楽しくない。

2週間で0冊ペース…。なんでだろう。いままでは楽しく読めていたのにな。

 

今週読んだ本のジャンルもおかしいな。奇妙な本ばかりだ。結局全部タイトル負けしてるしょうもない内容だった。

なにを期待しているのだろうか笑 魔法が載っているわけじゃあるまいし。

 

 

まあ、何か書くかー。

私が読まなくなった新書について。

 

新書ってどういう時に買いますか?

タイトルに惹かれて?

あー最近面白いタイトルの本ありますよね〜。つい買っちゃう。『歯を磨いてはいけない』とか、『わかったつもり』とかね。もしかしたら、私、何かわかったつもりになってることがたくさんあるんじゃないかと思って、ついつい買ってまうもん。こう何か突きつけらた感じがする。

タイトルだけじゃなくて、帯とかカバーとかもね。

『未来の年表』とか『雲を愛する技術』とかね。あの衝撃的な年表見たらついつい買っちゃうもん。買ってないけど。

 

ほかにはー、何か得たいものがあって?

たしかに、入門書としては最も適していますよね。あの精神的圧迫感の少ない本の厚さとサイズ。そして、内容。

私も、「リーダーに必要なものは何か」とか、「コンサバってなんだー」とか知りたい時に手に取りますもん。

もちろん、インターネットで調べることもありますけど、まあ、読んだ後の充実感が違うのよね、ネット上のものとは。信頼度も。

 

最近では、新書が飽和状態だからいわゆる「クソ本」も多いらしい。どこかの記事では、「クソ本」は新書全体の7割を占めるとか。

まあ、「クソ本」って呼ぶ人はだいたい玄人の方に多いのだろうけど。

 

逆にネット上で優れてるなーって思うところは日記とかエッセイ系かな。本で読むものよりも現実感があって、転がってる内容の幅もあって面白い。

 

 

 

今度詳しく新書についてしっかり記事にあげようかな。こんど。

 

今週(先週)読んだ本
  • なぜ、あの人の周りに人が集まるのか?(PHP研究所) 志賀内 泰弘 (著) – 2012/5/8
  • 止まりだしたら走らない(リトル・モア)  品田 遊 (著), error403 (イラスト) – 2015/7/8
  • 終電の神様 (実業之日本社文庫) 阿川大樹 (著) – 2017/2/3
  • 無名作家の日記(青空文庫) 菊池 寛 (著)
  • 読むだけで明日彼女ができる本: 年齢=彼女いない歴を終わらせる方法 田端裕司 (著)
  • ぞくっ♡ ヤリチンの教科書: ライト洗脳で彼女を自由自在にコントロール キング・ちん (著)
  • おねだり恋愛LINE術《初級編》モテない人の為の会う前にホレさせる恋活・婚活術: 会わずに惚れさせる デートをおねだりされる 皆藤直季 (著)