正直になれない大学生ブログ

普通のことを普通につらつら書いていく。そんなブログ。

事件が起こる前に解決すれば万事おーけー

探偵が早すぎる (講談社タイガ) 井上 真偽 (著)

 

 さすが、井上先生。
 『その可能性はすでに考えた』では、あらゆる可能性を排除し、奇跡を証明するというテーマであったが、今回は、事件が起こってから解決するのではなく、事件が起こる前に解決してやろうという推理小説だ。

 

あらすじ

 本作の主人公である一華は、父の死をきかっけに莫大な遺産を得るが、それにより大蛇羅一家から命を狙われるはめに。
 爆殺、圧殺、毒殺…、ありとあらゆる犯罪が大蛇羅家によって仕掛けられるが、実行前に探偵により見抜かれ、「トリック返し」によって成敗されていく。
 「百花繚乱の完全犯罪トリックvs.事件を起こさせない探偵!」

 

大蛇羅家vs「トリック返し」

 大蛇羅家お人々は、偏食家の集まりで、フルーツしか食べない、お菓子しか食べない…、そんな人ばかり。加えて人間性もなかなかえげつない。第2子長女の朱鳥に至っては、子供を捨て駒扱いし、それを不思議にも思わない子供たち。すべてが狂気じみている。

 そんな大蛇羅家の人々が仕掛ける罠を、逆に罠を仕掛けてその「トリック」を返す探偵の「トリック返し」が炸裂する。(そのまんま笑)
 犯人が必死に考えた犯罪計画を、赤子の手をひねるが如く、粉砕していくその様は、なかなか爽快で、読んでいて気持ちが良い。


 下巻では、上巻を凌ぐ犯罪(計画)数で、休む暇を与えずに犯罪未遂が起こる。
 テンポが良い反面、ミステリー小説としての丁寧さがやや欠けていたが、上巻では得足りなかった爽快感が味わえたので満足。

 

 また、一華殺しに参加しない三男竜精と四男貴人のやりとりがたびたび出てくるのだが、客観的に見ている様が、他の大蛇羅家の人々よりも血の気がなく、和む。ギャグポジ?笑

 

 少し味わいの違う推理小説を読んでみたいあなたにはオススメかもしれない。

 

 

探偵が早すぎる (下) (講談社タイガ)

探偵が早すぎる (下) (講談社タイガ)

 

今週(先週)読んだ本