正直になれない大学生ブログ

趣味、鬱憤、等々つらつら書いていく。そんなブログ。

科学を体験してみよう/死ぬまえに何を考えるか

子どもにウケる科学手品77(ブルーバックス) 後藤道夫(著)

 子供の時に、科学を実体験してもらうことによって、科学の不思議さや楽しさ、面白さを知ってもらう本。
 さらに、子供に考えさせ、対話を豊かにすることが副題。

 

 用意する実験道具が入手しやすいものばかりなのが良い。

 

目次

1 ファミリーレストランで科学手品
2 台所で科学手品
3 お風呂で科学手品
4 ダイニングテーブルで科学手品
5 パパは超能力者
6 体を使って科学手品
7 リビングで科学手品
8 太陽の下で科学手品
9 じっくり仕込む科学手品
10 親子で競う科学手品

 

子どもにウケる科学手品77―簡単にできてインパクトが凄い (ブルーバックス)

子どもにウケる科学手品77―簡単にできてインパクトが凄い (ブルーバックス)


大往生 (岩波新書) 永六輔(著)

 永六輔の遺言のようなエッセイ。

 その文章のほとんどが、各地の様々な人々が語った、老い・病・死についての様々な言葉を集めた名言集とそれに対する著者のコメントである。

 また、以前の著作から引っ張ってきて再録も多い。

 

目次

1 老い「人間、今が一番若いんだよ」
2  病「医者に文句をつけるのが大切なんです」
3 死「生まれてきたように死んでいきたい」
4 仲間-怖がらなくてもいいと言い」
5 父 死にたくはないけれど」
弔辞 私自身のために

 

大往生 (岩波新書)

大往生 (岩波新書)

 

印象に残った言葉

「夏休み中ということもあって沢山の孫が祖父を見送った。彼らは生まれて初めて臨終に立ちあって、生命の終わりをそれぞれの胸に納めた。悲しい感動ではあっても、父は見事に死ぬということの意味を孫たちに教えてくれた。つまり、孫たちは生きているという感動を、若い、または幼い胸に叩きこまれたはずである。」

 

今週読んだ本