正直になれない大学生ブログ

趣味、鬱憤、等々つらつら書いていく。そんなブログ。

夢のキャンパスライフは何処へ

四畳半神話大系 (角川文庫) 森見登美彦

 
 主人公「私」の遠回りな自虐的語り口調と戯作感溢れる文体がとても特徴的だった。
 物語は、わきあいあいとする学生たちに馴染めない主人公「私」は、唯一の友人で、座右の銘が「不幸の味は蜜の味」の小津に事件にまきこまれる形で進んでいく。
 
  「私」は、入学当初「薔薇色のキャンパスライフ」を夢見ていたが、そこに現実は違っていた。文武両道で、先輩後輩問わず友達が多く、彼女には黒髪の乙女が…ということにはならず、現実に写るのは、男汁の染み付いた四畳半と友人の小津だけだった。
 
 4話構成で、第1話『四畳半恋ノ邪魔者』では、映画サークル「みそぎ」に、第2話では、『四畳半自虐的代理代理戦争では、ある人の弟子に、第3話『四畳半の甘い生活』では、ソフトボールサークル「ほんわか」に、第4話『八十日間四畳半一周』では、秘密機関「福猫飯店」に入った世界が展開されます。タラレバの世界、いわゆるパラレルワールドだ。
 全話に共通して、「私」が今の現状を小津のせいにし、占いのばあさんに会い、蛾の大群に見舞われる。
 
 妄想が絶えない「私」は残念な人のように見えるが、愛着が湧いてしまうのはなぜだろう。可愛らしい。
 読破後に思うのだが、「薔薇色のキャンパスライフ」は味わうことができなかった「私」だが、大学生活としては充実した良いものだと思う。それは特に、最終話の四畳半から抜け出せない状況で、強く感じる。
 
 1話から3話まで、終わり方が同じなのだが、最終話だけ少し違っている。その最後の「私」と小津に思わず微笑んだ。
 
 アニメもおもしろいそうなので、ぜひ見てみたい。
 
印象に残った言葉
「可能性という言葉を無限定に使ってはいけない。我々という存在を規定するのは、我々がもつ可能性ではなく、我々がもつ不可能性である」
 
四畳半神話大系 (角川文庫)

四畳半神話大系 (角川文庫)

広告を非表示にする