読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正直になれない大学生ブログ

趣味、鬱憤、等々つらつら書いていく。そんなブログ。

他の大学生もこんなことで葛藤を感じているのだろうか?

 ただいま履修登録に関して親ともめています。

 母曰く「約束していたのに裏切られた」、父曰く「大学でできるものを学べ」。

 母には1年の時に資格(司書、学芸員)を取って安心させるなどとほざいたようで、急に私が学芸員を辞めると言ったことに失望したようでした。そう言った記憶は今の自分には思い出せません。私はもうその勉強はしたくないんだと言っても理由が気力がないということなだけに説得させることができない。

 父もせっかく大学に行ってるんだからそこでできる勉強をしたらどうか、やりたいたいことばかりやっていても将来困るぞと言う。たしかにそうだけど、やりたくないんだ。騒がしい講義に神経をすり減らすのも嫌だし、空きコマがたくさんできるのも嫌だ。

 ここまで読んでもらったら分かると思いますが、たまらなくクズなんです。私。

 

 

 高校受験も部活もなにもかもやりきったことがない。母はそれを心配しているみたい。それに関しては納得。だけど、その後に、なにかやりとげれば自信が付くんじゃないかと言われたことに違和感を感じた。自信がない=何もやり遂げてないと決めつけられたようでなんだかもやもやした。だいたいなぜ資格取得に関して達成感を得なければならないんだろう…。

 

 「達成感を得たいならゼミでがんばれるわ!」って言いたいけど、これも本当に達成できるかが不安。なんでも途中で投げ出すことが多いから。

 

 物事が論理的にうまく書けたら楽しいと思う。だから私はあの先生のゼミを選んだ。この熱意は本物だ。うまい文章を書きたい、傾向を知りたいと思うのは本物の気持ちだ。これに全力を注ぎたい。だから他の場所で神経をすり減らしてがんばりたくない。やりたいことばかりして何が悪い。やりたいことを我慢してやるのもそれは大事なことだが、今は大学生なのだ。すこしぐらい甘えてもいいじゃないか。ずっと甘えてきたけど。

 

 愚痴が過ぎた。もう気持ちを切り替えなければ。