読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正直になれない大学生ブログ

趣味、鬱憤、等々つらつら書いていく。そんなブログ。

シャーロックホームズの短編 感想を書きづらいから書かない

小説 雑記

 シャーロックホームズの短編集。初めて読みました。タイトルは「シャーロックホームズの冒険」、まずまずといった感想でした。どうしても長編と比べると見劣りしてしまいますね笑

 話は10個あって、そのほとんどが刑事事件ではなかった…ような。刑事事件というより殺人はほとんどなかったです。なかったのですが、すべての話の事件の入り方は、おもしろいです。興味を惹かれるんです。絶対。この先が気になる!って。それが10個もあるんですから、わくわく感は断然短編集の方が上ですね。その分ハードルが上がってしまうんでしょうか。ドラマとは結構内容が違っていて楽しめました。

 

 あと、延原謙訳の本を読んでいたのですが、結構古風な言い回し(メモしてなかったため、具体例が出せない汗)やら、「〜だぜ」口調が多めなため、それなりに違和感がありました。ドラマ上がりだからなのかなとも思っていましたが、「四つの署名」と「恐怖の谷」は延原謙訳で読んでいたんですよね〜。なんでかな。まあ、ともかく、個人的には角川の新訳が読みやすいと思います。[結論

 

 

シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫)

シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫)