読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正直になれない大学生ブログ

趣味、鬱憤、等々つらつら書いていく。そんなブログ。

本の感想、書評、批評

 ニッポンの書評 豊崎由美

 私はこの本で本の紹介をする大切さを知りました。つなわち書評です。書評とは、紹介する本を読みたいと思わせる文章のこと。著者は繰り返し書評のネタバレはダメだと言います。私は、書評は読まない人なのですが、もし、せっかく読んだ膨大な(膨大なと表現したのは、400字以上の書評を読むのだったら、その本を読んでしまった方が良いと言う考えだから)書評の最後にネタバレが書いてあったりしたらがっかりします。

 この本には様々な書評たちが紹介されていきますが、そのほとんどは、バッサーと斬られていきます。こういう書評はあまりよくないんだな〜と参考になります。特に印象的なのは、引用がやたら多い書評、ネタバレのある書評です。引用はよく知らない名前を出されても、読みづらいだけだなと感じました。ただ、書評の批判はあくまでも著者の意見なので、どう汲み取るかはリテラシーが必要そうです。

 最後に、著者と大澤さんという方の対談が載っています。そこに、書評は自由に書くのではなく、制限を決めた方が良いということを言っていました。確かにその方がたくさん書いて削っていく作業により、どうまとめるかをよく考えて書くようになるだろうと思いました。

 また、書き手の教養や、何を正しいと思い、何が下品と思っているかが出てしまうという意見。納得。もっと教養があれ様々なことが書ける。同じ作者の本をたくさん読んでおけば、対比も出来る。もっと作者への配慮も必要だ、そう思いました。

 

ニッポンの書評 (光文社新書)

ニッポンの書評 (光文社新書)