読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正直になれない大学生ブログ

趣味、鬱憤、等々つらつら書いていく。そんなブログ。

よくまじめな子と言われ続けてきまして…

まじめの罠 勝間和代

 

 最初この本を読む前からこの著者は好きではなかったのですが、とても、正しいことを述べているなと感じて、少し印象が変わりました。 特に『怠け者が怠け者だとバレないように異質なもの者を排除しようとする社会』という部分や、天下り云々に関して。 (手紙のくだりで、新しく買い直すは良いとして、クレームをつけるのはどうなの?って思いましたが。←これもまじめの罠にはまっているのかもしれません…)

 これからの生活に応用していくなら、「まじめ」と「いい加減」、「まじめ」と「ふまじめ」をしっかり区別しないといけないなと感じました。 なんども読み返す必要あり。

 

 

まじめの罠 (光文社新書)

まじめの罠 (光文社新書)