正直になれない大学生ブログ

趣味、鬱憤、等々つらつら書いていく。そんなブログ。

新書

ものとしての本、読むための電子書籍

本は、これから (岩波新書) 池澤 夏樹 (編著) 電子書籍が発展し始めた時代に、ジャーナリスト、カメラマン、書店長、社長、図書館関係者などの著名な 36人もの人たちが「本のこれから」を語る。 それぞれの意見や文体に特徴があっておもしろいが、概ね三つの…

メディアとジャーナリズム性とpv稼ぎのネコ

ネコがメディアを支配する(中公新書ラクレ) 奥村 倫弘 (著) 「人の話を聞き、分かりやすく伝える」という原点回帰の重要性を「速さ」を重視するネットメディアと「粘り」を大切にする伝統メディアの対比で論じる。 伝統メディアとは、取材、執筆、編集、校正…

大学生活は遊んで、学んで、就活へ

大学の思い出は就活です(苦笑)―大学生活50のお約束 (ちくま新書) 石渡 嶺司 (著) 最近教養と呼ばれる本を読んでいない気がする。 この『大学の思い出は就活です(苦笑)』は自己啓発…特に実用向けの本。…実用向けかどうかも微妙。個人的には楽しく読ませても…

これが読破できたら、あなたは読書マスター!? 〜私の積み読3選〜

私の積み読3選 読書って楽しいですか? 私は普通の人より、本を読んでいる方だとは思いますが、楽しいと思って読書したことはあまりありません笑 そんな私が、これはつまらn…難しいなと思い、挫折した本を紹介させてもらおうと思います。(最近、あまり本を…

首都圏周辺の格差を知り、街の情報を知る。

首都圏格差 首都圏生活研究会 (著) 埼玉県民としては買わずにはいられなかった新書。 第1章で、1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)を人口・教育・治安・所得・健康・医療の点から格差を比べ、2章以降で、1都3県の各市区のデータや著者の考察が述べ…

リベラルとはなんだろうか

リベラルという病 (新潮新書) 山口 真由 (著) 最近読む本に、ニューアカとかリベラルと出てきて、それがなんなのかを知りたくて購入。リベラルを理解するには良かった。 この本は、「大きな政府」か「小さな政府」か、「司法積極主義」か「司法消極主義」か…

書体はメッセージである。

本を読む人のための書体入門 (星海社新書) 正木 香子 (著) 少し前に、密かに活版印刷ブームが起こり、先日には、日本人だけが読めないフォントで盛り上がりをみせた。 現代は、書体に関して、人々が興味を持ち始めている時代なのかもしれない。 『本を読む人…

死というものについて

死の壁 (新潮新書) 養老 孟司 (著) 「◯◯の壁」。ちょうど流行していた時期に私もにバカの壁を購入して読んだ。 本書はその「バカの壁」の続きと思ってもらえれば差し支えないと思う。 死というものを解剖学者の視点から説明し、暴論のような主張もところどこ…

勇者は魔王を倒せるのか…!

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書) 前野ウルド浩太郎 (著) 本の魅力は、普段生きていて見聞きできないものを知ることができるツールだということを改めて感じた。 バッタのが好きなことが強く伝わってくる熱い文章に、読んでいるこちらも楽しくなる。 …

頭が良くなりたいと思う人への入門書

頭のよくなる本―大脳生理学的管理法 (カッパブックス) 林髞 (著) 大脳生理学の応用として書かれたものが本書となる。中学生にもわかるように優しく書かれ(と著者は言っている)、入学試験を控えている人はもちろんのこと、生理学、医学、心理学を学んでいる…

昭和年代の性格学(心理学)

性格 (岩波新書) 宮城 音弥 (著) 発展途上の時代にあった心理学を性格の面に焦点を当てて書かれた本…という印象。 昭和35年の本だけあって、言い回しがやたらくどくて、読みづらかった。慣れるしかない。 昔の新書といっても、文章の流れは現代のものとそ…

国家の底力は品格に通ず

国家の品格 (新潮新書) 藤原 正彦 (著) 一貫して述べることは、財力に任せた市場主義をやめて、また、論理だけ解決できると盲信せずに昔ながらの情緒あふれる日本を取り戻そう、と訴える内容。 品格のない著者の講演記録をもとに、それを大幅修正してまとめ…

科学を体験してみよう/死ぬまえに何を考えるか

子どもにウケる科学手品77(ブルーバックス) 後藤道夫(著) 子供の時に、科学を実体験してもらうことによって、科学の不思議さや楽しさ、面白さを知ってもらう本。 さらに、子供に考えさせ、対話を豊かにすることが副題。 用意する実験道具が入手しやすいも…

毒を吐きたい私小説

私小説のすすめ(平凡社新書) 小谷野敦 『才能がなくても書ける。それが私小説。その魅力を説き、「書きたい人」に勧める、挑発的文学論』という帯がまかれたこの本。 正直書きたい人に勧めるというよりは、私小説批判する人たちに向けた抗議の新書というイ…

人とのつながりという商売

キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書) 佐々木俊尚 タイトル関連情報の『「つながり」の情報革命が始まる』が気になり読みました。 この本は、特定の情報を収集し伝達するキュレーターと呼ばれる人が、マスメディアからソーシ…

弟子は師匠から教わっていないことを学ぶ

日本辺境論 (新潮新書) 内田樹 新書大賞2015で大賞を取ったこの本を今更ながらに読んでみた。 この本で著者は、日本人がどれだけ辺境で、変わった国であるかということを述べる。 難しい言葉(特に横文字)を多用しているのに、専門家以外にもわかりやすく…

二項対立で説得力のある文章を 〜線を消したり、引いたり〜

大学生の論文執筆法 (ちくま新書) 石原 千秋 先週のタイトルと酷似。 この本は、主に「文科系(中でも文学好き)の大学生か大学院生」のために、第一部では論文の書き方を思いつくままに、第二部で二項対立で論文を書く術を例文を紹介しながら、論文の書き方…

京都のいやらしさ

京都ぎらい(朝日新書) 井上章一 長年、洛中の人々から、洛外扱いを受けてきた筆者の恨み節が自身のエピソードと絡んで飽きなかった。 おそらく1章の「洛外を生きる」が一番面白いのではないかと思う。タイトルもここに集約されていると言っても過言ではな…

愚かな民がひどい政府をつくる

学問のすすめ 福澤 諭吉 (著) 斎藤 孝 (翻訳) 福沢諭吉といえば、「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」の名言。あと、一万円札。 その程度しか知識はなかったが、現代語訳版ともあってすらすら読めた。内容は、学問の目的とはなにか、について語ら…

ぶれない軸を形成するために

リーダーシップの旅 見えないものを見る 野田 智義 金井 壽宏 私はいつもぶれっぶれである。グループ活動での判断だったり、昼飯の決め方だったり、相手の意見でころころ自分の意見が変わる。 この本はリーダーになっていくプロセス(この本では旅と形容する…

文学としてみるドラゴンクエスト

文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史 さやわか このタイトルを見て買わずにはいられない。 だって、ドラクエですもん。惹かれちゃうよ。主にアダルト・サブカルチャーを中心とした雑誌・書籍を発行しているコア新書の1冊。 ドラゴンクエス…

教育界の悪習

残念な教員 学校教育の失敗学 林 純次 私の思い出せる限りの残念な教員は、生徒の気持ちを考えない教師だ。中学三年の担任は日によって機嫌が変わり、受験期であった私はその先生の機嫌を推し量るのに疲れてしまっていた。そのため、面倒見の良い中学1年の…

僕らFラン学生

Fランク化する大学 音真司 私はFラン学生だ。そんな私が学校の書店で偶然見かけてこの本を衝動買いした。Fランクの大学でこの本を置く店員の感性が素晴らしい。 さて、Fランクとはどのような大学のことを言うのか。本、実体験に沿って書いていく。例えば、覚…

書評は読み終わってから読むことにした

前に進むための読書論 東大首席弁護士の本棚 山口真由 いつも中身を見ないで買うからこうなる。買って読み始めた当初はどんなことが書かれているのだろうかと思っていたが、内容の8割が書評だった。 一度は読むのを止めたが、「ニッポンの書評」を読んだの…

警視庁捜査一課長の「人を見抜く」極意 久保正行

この本は久保さんがいままで担当してきた事件を例に解説していく本です。全部で事件は23件です。 悪い警察像とは違う 最近よく持たれる天下りや不祥事を起こす悪い警察像とは違い、真っ当な警察の姿が描かれています。久保さんは犯人を逮捕できなかったら、…

本の感想、書評、批評

ニッポンの書評 豊崎由美 私はこの本で本の紹介をする大切さを知りました。つなわち書評です。書評とは、紹介する本を読みたいと思わせる文章のこと。著者は繰り返し書評のネタバレはダメだと言います。私は、書評は読まない人なのですが、もし、せっかく読…

平和を主張するのは簡単だ

なぜ戦争は伝わりやすく平和は伝わりにくいのか ピース・コミュニケーションという試み 伊藤剛 なぜか最近、取る新書、買う新書はメディア系ばかり。学校に染まってきたか…。 今回は、平和と戦争についてじっくり考えて自分の答えを出せよ、っていう本。ざっ…

そんなに過激ですか?

言ってはいけない 橘玲 過激な意見の書いてある本は読んでて楽しいのです。この本を書店で見かけたときは、すぐ手に取り、購入を決めました。しかし、実際に読んでみると、そこまで過激な事言っているようには感じませんでした。 規範の裏側 「スリムな女性…

PDD

大人の発達障害 備瀬哲弘 PDD。聞き慣れない言葉ですよね。広汎性発達障害のことだそうです。もっと分かりやすく言えば、軽度の発達障害のこと。 なぜこの本を手に取ったのか。それは、自分にADHDの可能性があるのではないかと疑ったからです。もともと不注…

文章における三つのこと!

知的文章とプレゼンテーション 黒木登志夫 毎回ある講義の終わりに軽いレポートみたいなものを書かせられるので、参考にと購入。 この本のキーワードは「3」です笑 とにかく簡潔に明解に論理的に書くようにすると分かりやすい文章になるようです。例えば、…