読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正直になれない大学生ブログ

趣味、鬱憤、等々つらつら書いていく。そんなブログ。

ダイエットもその逆も辛い…と思う

 もうそろそろ春を迎え、そして夏がやってきますね…。

 

 うーんとね…ガリを卒業したい笑 夏になると、とてもみすぼらしい。

 昨年はカーディンを着まわして乗り切り、カーディガンを着ていられないような暑い日は、七部袖とか長袖を折るなどして過ごしてた。

 

 そんな夏が終わり少しでも筋肉をつけようと、昨年の8月から筋トレを始めて12月まで続いていました。なかなか長続きしない私にとってはとても続いた方だったんですけど、停滞期入ってからすぐに止めることとなった。

 今また、昨日くらいから始めたけど続くかな。筋肉痛がびしばしとくる。

 

 痩せていると筋肉がつきにくいようで、食事回数を増やすとか、たんぱく質多く取るとかしなきゃいけないみたいでなんか嫌。正直たくさん食べることが苦しい。もう

  朝ヨーグルト

  昼バナナ

  夜ちょい少なめの焼き魚定食

でいい。究極のところ。

 食事回数増やすなら今の1日3食を1日7食とか8食にするのか…苦行か。なんか逆ダイエットみたい。めちゃイケならデブエットか汗

 

あーあ、まずは簡単に太りたい(現実では絶対に言えない)

 

元クラスメイトの残酷な死

顔のない男  ステファン アーンヘム 堤 朝子(訳)

 

 この作品は、主人公フォビアン・リスクが家族と共に、ストックホルムからヘルシンボリに引っ越すところから話が始まる。事件は両手を切断された遺体の発見から始まり、次には足の切断された遺体が、とその後も事件が続いていく。リスクは30年前のクラス写真と豊富な経験を活かし、事件解決を試みる。

 

 フォビアン・リスクはチームワークを意識しない人間で、ひたすら正しいと思ったことを追い続ける。そのことで大きな失敗を犯すが、それでもめげずに犯人を追うリスクの姿が、事件解決に絶望している捜査員の士気を徐々に上がっていく。

 そして、この作品は、ただ奇怪な事件の話というだけでなく、警察同士の協力の重要性に気づかせてくれる。話の中盤で、リスクが事件に関する重要な手掛かりをコペンハーゲンで見つけるのだが、コペンハーゲンの警視であるキム・スライズナーが手柄を横取りしようとなかなかヘルシンボリに情報を渡さない。そんな情報共有がされないうちに事件は悪い方へ進んでいくのだが、その後も度々キム・スライズナーは横槍をいれてくる。もし、二つの警察が協力できていたら、もっと事件の解決が早まったのではないかと思わずにはいられなかった。

 

 横文字の名前が覚えられなかったり、分からないジョークが出てきたり、この作品を十分に楽しめたとは言えなかった。しかし、それでも次から次へと新事実が出てくるテンポのよさに、飽きずに読むことができた。TVドラマ化もされるようなので見てみたい。

 

印象に残った言葉

「子どものころにいじめられていた者は、大人になってもいじめにあいやすいと聞いたことがある。周囲の人間が彼らの弱さやどうしてもぬぐい去れない特徴を嗅ぎとるのだ。」

 

刑事ファビアン・リスク 顔のない男 (ハーパーBOOKS)

刑事ファビアン・リスク 顔のない男 (ハーパーBOOKS)

寒いけど歩くと暑い春びより

 ここで問題です! ここにある鳥が写っています。さて何の鳥でしょうか?

 

f:id:tyatupi:20170317221838j:plain

 

 

 

 

f:id:tyatupi:20170317221901j:plain

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tyatupi:20170317221906j:plain

 

 じゃん! 答えはカワセミです!

 分かりやすかったですね(^_^;)

 

 この時期にはカワセミを公園などでよく見かけますね。池の中の魚を狙っているのでしょう。天候が良い時はカメラマンも多く、カワセミが餌を取る瞬間をたくさんの方が狙っています。

 餌をとるために滑降する写真を撮るにはじっと待つ必要があるため、寒くてつらい時間になると思います(冷え性にはもっときつい)。ただ、上の写真を撮れただけでも嬉しかったので、滑降する瞬間とかホバリングしている瞬間とか撮れたらもっと嬉しいだろうなぁ。

 

 グーグルで画像検索してみると素晴らしい写真がいくつも出てくるので調べてみてください。特に水しぶきを纏うカワセミの姿は美しいです!

 

 

 しばらくは、今ある90mmのマクロレンズで頑張ろう苦笑 

ぶれない軸を形成するために

リーダーシップの旅 見えないものを見る 野田 智義 金井 壽宏

 
 
 私はいつもぶれっぶれである。グループ活動での判断だったり、昼飯の決め方だったり、相手の意見でころころ自分の意見が変わる。
 
 この本はリーダーになっていくプロセス(この本では旅と形容する)を説明していくものだが、私は話の途中で出てくるぶれない軸の出来上がり方に驚きを感じた。
 
 うちの祖母の話になるが、祖母にはよく、軸を持て軸をもて、と言われてきた。抽象的すぎて分からず、具体的な説明を求めても、そのうちできるよ、と明確な答えを得られなかった。祖母はぶれない軸をもっており、どんな時も決してぶれない。もう米寿を迎えようとしているのに、夜警はするわ、地区の役員になるわで、人の役に立ちたいと思って動いているのとは違い、誰かに自分の知識を伝授したいと思って行動している。活動の話を聞いていると、とにかく遠慮しない。意見がぶつかろうが、周りが言いにくそうなことだろうが、まず言葉を発する。これが祖母の軸である。
 
 この本によると、ぶれない軸が出来上がるには、主に2つのことが重要だ。それは
  ・自分自身と対話する
  ・修羅場を乗り越える
の2つだ。
 自分がなにができてなにができないのかを明確にせざるおえない状況(修羅場)で、自分にとって必要ではないものをその都度決断して捨てていき、最後に残ったものがぶれない軸として形成される。
 祖母もそのような修羅場を乗り越え、自分自身と対話してきたのではないかと考えた。
 
 リーダーとはなんなのかを知りたい思った人、リーダーになる必要がある人には是非お勧めしたい。また、ぶれない軸は、リーダーには必要となる要素だし、学生ならグループ活動、社会人なら会議などで少し参考になると思う。
 
 
リーダーシップの旅  見えないものを見る (光文社新書)

リーダーシップの旅 見えないものを見る (光文社新書)

もう、エビだらけじゃんww

 昨日エーハイム2213を導入する際に水槽の大掃除も行ったのですが、エビの量が…笑

 

f:id:tyatupi:20170307142413j:plain

 ここにも。

 

f:id:tyatupi:20170307144739j:plain

 ここにも!


 最初に導入したのが3匹。
 それがなんていうことでしょう。15匹に。(まだまだいたかな…)

 

 ちょっとした隠れ家があれば簡単に増えていきますね。これから暖かくなってきたらまた卵をつけるんだろうな。

 なぜだが2月に卵をつけているエビまでいました。無加温なのにおかしい…。

 メダカもエビみたいに増えてくれればいいのに。今年は絶対繁殖させたい。

 

 

 

 それと水槽の底をいじることができたのでソイルのスペースを少し設け、グロッソを植えてみました。増えるかな?

 こっそり小型水槽でグロッソを育てていたのですが、無事ランナーが出てすくすくと育っていったので、こっちの水槽でも伸びることを期待してます。わくわく。

f:id:tyatupi:20170307145801j:plain