正直になれない大学生ブログ

普通のことを普通につらつら書いていく。そんなブログ。

フォロー外から失礼します。

ツイッター始めてからそこそこ経ちますが、アクセス量はすごいですね。
やめられない笑
 
ただ、マナーみたいのがちょっと最近引っかかる。
バズってるツイートに対して「フォロー外から失礼します」って文言を見かけるんですけど、あれいるか、って思う。
また、プロフィールに「無言フォローはブロックします」とかあるけどめんどくさい。
 
 
フォローのために「フォロー外から失礼します」というリプライ
反応待ち
反応きてからフォロー
フォロー承認待ち
フォロー完了
 
 
まるで採用試験のような。
 
たまに、無言フォローはブロックしますって書いてありながら、急なリプライはやめてください、ってあるのはどうしたらいいわけ。一見さんお断りか何かですか。
 
なんか、そういう現実みたいな人間関係の面倒くささを持ち込んでほしくないなって思う。
 
でも、ツイッターというSNSも現実の延長線上と考えると、急に知らない人から声をかけられたら怖いな、とも思う。
しっかりした感性を持っているならそう思う方が正しいんじゃないか。
だって、現実で考えたらナンパみたいなものですもんね。
 
 
ってことを時々思いながらも知らない人にリプライしにいくことが多いです。
そして、返信がないときは、ちゃんとしたリテラシーを持っている人なんだなって理解するようにしています。(返信した方のリテラシーがないというわけではないですが笑…いやないのか?)

今日書こうと思っていた内容について投稿するのを止めましたよっていう報告

ぎりぎりまで投稿しようかどうしようか迷っていた雑記があったんですけど、寸前で止めました。

 

内容は、「小さい女子=かわいい」ってことを、ただひたすらに可愛いと言い続けるものなんですけど、まるで酔っているかのような文章で読んでて恥ずかしくなりました。

でも、どういうことを書こうとしてたか発信したい。そういう欲求がこのような形になりました。

 

今回の場合は、やろうかやらないかで迷いましたが、言おうか言わないかで迷った経験はないでしょうか?

 

私は、迷ったあげく言ってしまうことが多いのですが、よく失敗します。

たとえば、

  • 本音で語ってくださいと言われて、「御社は第3志望です!」
  • ストッキング破れてる女子に「破れてるよ」
  • おちゃらけた人に「信用ないもんな」っていじり、機嫌を損ねる

とか、言わなくていいことを言ってしまうことが結構あります。

 

このストッキングはなかなかの地雷だと思います。

元気ハツラツ人に指摘しても笑いにして返してくれますが、そうじゃない人に言ってしまった場合はすごく苦い顔されますよ。

言われた子の気持ちになってみれば、指摘されたところで、どうしようもできないわけだし、言われたらそのことがその日中頭にちらつきますよね。きっと。

だから、みなさん、ストッキングが破れてることは伝えないほうがよろしいかと思います。

 

話ずれたなぁ。

 

 

まあ、言ってしまうっていうことは、正直ってことかな?

それとも、単に言葉を選びきれてないだけ?

 

ちゃんと相手と誠実に向き合って、いつも会話しようとは心がけています(腹黒いことは腹黒いですけど)。

 

…ブログタイトルの意味の「正直」とは、また意味が違うんですけどね。

発見と選択をすることが重要

読書の価値 (NHK出版新書) 森 博嗣 (著)

 この本について絶対に書きたかった。
 良い本悪い本ということではなく、(自分に対して)攻撃力があった本だから。
 
 読書の価値というタイトルだが、本テーマは、「着眼」だと感じた。
 「着眼」の必要性を論じる上で特に「本」というものが分かりやすく説明できるので、『読書の価値』というタイトルになったのではないかと考える。
 
目次
第1章 僕の読書生活
第2章 自由な読書、本の選び方
第3章 文字を読む生活
第4章 インプットとアウトプット
第5章 読書の未来
 
どう感じたか
 
早速引用から、
 
本の中から文章を抜き書きして、大量のコピィだけをブログに挙げている人もいる。おそらく傍線を引いたのと同じ作業の一環だろう。そこをあとで自分で読み、そのときの気持ちを思い出すつもりだろうか。しかしどう感じたかを記録しなくても良いのか。(p,167)
 
 言い当てられた気がした。あらすじや内容だけ書くというのはつまらない作業をしているのかもしれない。
 この主張は、メモ書きのようなアウトプットは、頭の中からデータを消してしまうと主張から発展して述べられたものである。
 つまり、ただ写すような、あらすじをなぞるようなものではなく、自ら生み出した言葉によって表現しないと記憶に残らない…ということであろうか。
 
着眼は人間の強み
 
 本書を読み進めると、この森という人物はなかなかにめんどくさい性格に思えてならないが、重要なことを再三言っている。
 それは、自ら何かを選択する重要性。
 
問題は、どこに着眼するか、という最初の選択、最初の思考、最初の発想なのである。それは自分の記憶の中から、あるいは目の前の風景の中から、「なにか面白いもの」を発見する行為である。これをするのが人間だ。(p,177)
 
 著者は、書かされる読書感想文を重要な場所だけをまとめる読書報告書だと揶揄したり、ブログでテーマを、例えば読書ブログ、などとするとパターンが決まってしまい才能が萎んでしまうと主張する。
 それは、著者のなかでロボットに真似できない人間が持つ「最初の発想」を大事にしているからこそである。
 (…というように、勝手に決めつけることは著者が嫌がりそうなことであるが。)

 

読書の価値 (NHK出版新書)

読書の価値 (NHK出版新書)

 
 
印象に残った言葉
「本が単なるメディアであるのと同様に、本の中に書かれている文章もまた、その最終的なイメージを運ぶメディアにすぎない。すなわち、書かれた文章が作品の最終形ではない、ということだ。たとえば、もし誰にも読まなければ、それは書かなかったことに等しい。言葉や文章のアウトプットとは、そういう宿命にある」(p,182)
 
今週読んだ本
  • 読書の価値 (NHK出版新書) 森 博嗣 (著) – 2018/4/6
 

簡単なこと

絵、文章なんでもいい。媒体を介して簡単に表現できるのは嫉妬や怒りの感情をそのままぶつけることだ。

 

例えば、私がいつものようにブログで鬱憤を吐き出しているのも同じこと。
そして、それを文章化できていることがかっこいいと勘違いしていることが最も痛い。

 

ある制作物の発表会で、誰かが死んだり、感情がなくなったり、ストーカーが出てきたりする、くらーく鬱っ気で闇が深い作品ばかり公表されたことがあった。
そして、それらの作品をすべて見終わった教授が一言「ネガティブなものを作るのは簡単なんだよね」とバッサリ。
この時、私は関係ないはずなのに、なぜか心に突き刺さった。


それらの作品を見ていると、作者はきっとこのストーリーや展開、社会の現状を「私だけ」の視点で表現できたと思っている自分に酔っているのだろうけど、実際何も特別なことはなかった。新鮮さも何もありゃしなかった。感じるのは、自分に陶酔して、おれすげーだろの押し売りが全面出ていた。
そして、自分に立ち返ってみても同じことが言えるんだろうな。だから、自分の胸にも突き刺さったんだろうな。自分が持っている負の感情を元にして、分析して書いている自分特別、かっけー。反吐が出る。
客観的に見れば、結局平凡で、何も特別なんかではない。

 

その教授の一言以来、なるべく負の感情はさらりと流し(無視する訳ではなく)、原動力にするのに止めている。
文章にするのはかなりのストレス発散になるから完全に消し去ったりすることはない。
何も負の感情を持つことが悪いわけではないが、もう少し使いようを考えていきたい。

 

だからなるべく、新学期においては、勘違いかっけーを無くすところから始める。

競争なんかしたくない

「あなた」という商品を高く売る方法―キャリア戦略をマーケティングから考える (NHK出版新書) 永井 孝尚 (著)

 

 「マーケティングの本? 興味ないね。」ぐらいの感じでいつも眺めていた本ではあったが、ふと改めて見てみると、「あなた」高く売る方法というタイトル、そして「あなたの強み」を育てるという目次に惹かれた。今就活生が読むべき本じゃん…と。

 

あなたの強みを見つける

 就活で何度も聞かれるあなたの強み。今の段階でも未だに把握しきれていない気がしていた。
 本書で言う強みは、

強み=才能×技術×知識 である。

 ここで勘違いして欲しくないのだが、才能は誰しもが持っているものである。
 
「才能」とは、個人が誰しも持っている資質や性格のことだ。どの資質がいいとか悪いとかということではない。自分が持っている資質を仕事で活かすことができるかどうかが重要なのだ。
 
 資質には、慎重さ、アレンジ、調和性、収集心…など、34数類存在するようだ。なんだかキャラクターのパラメーターのようで少し面白い。
 この潜在能力を活かせるような知識と技術を磨くことで、自分の強みになっていく。
 私の場合、頑固さと親密性だと思うので、そこを才能として、技術を磨き、知識をつけていくべきなのかな。

 

競走するのを避ける
 さきほどの強みを活かすためには、「競走しない」ことであることである。
 しかし、初めから競走しない状態になることは難しいようだ。
 
 最初は誰しも商品価値は低いし、戦略もない。だから競走せざるを得ない。(中略)まずは職場などの小さな世界で、他の人とは違うあなたという商品を磨き上げていく。そして、「戦わずして勝つ」完全独占を目指す。

 

 自分の商品価値は、少しずつ技術や知識を身につけ強みを強化していくことで上げることができるのだ。
 また、「競走しない」かつ「戦略がない」だと、ただの自分探しになってしまう。戦略性を持たずに自己分析を進んでいる今の私は、まさにこの状態だ。これは、「競走しない」ではなく、現実逃避、逃げである。「競走しない」と「逃げる」は意味が全く違う。
 そして、自分の強みを把握し、それを活かして、誰のニーズに応えられるかを考え、その強みが誰にも到達できないと思えるレベルまで目指すことが重要である。

 

 印象に残った言葉

「自己犠牲的なことをすると、一時的に自分がヒーローやヒロインになったように感じて、ちょっとした幸福感が得られるかもしれない。しかし、一方的な自己犠牲は長くは続かない。」

 

 

今週読んだ本
  • 「あなた」という商品を高く売る方法―キャリア戦略をマーケティングから考える (NHK出版新書) 永井 孝尚 (著) – 2017/8/8
  • 変身 Kindle版 フランツ カフカ (著), 原田 義人 (翻訳)