読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正直になれない大学生ブログ

趣味、鬱憤、等々つらつら書いていく。そんなブログ。

京都のいやらしさ

京都ぎらい(朝日新書) 井上章一 

 

 長年、洛中の人々から、洛外扱いを受けてきた筆者の恨み節が自身のエピソードと絡んで飽きなかった。

 おそらく1章の「洛外を生きる」が一番面白いのではないかと思う。タイトルもここに集約されていると言っても過言ではない。


 …ただ新書大賞を取るほどかと言われれば疑問。

 

京都に多額の寸志

 再三、筆者は京都が鼻を高くするのが東京のせいだと主張する。そしてその弊害をいくつか紹介しているのだが、私がひどいなと思ったのが、寺へ取材に及ぶ際には、出版社が寸志をつつむことが暗黙の了解になっていることだ。しかも、その金額が一点につき3万円程度というから驚きだ。肖像権や意匠権はないはずなのに。

 寺に、たとえ、法的に勝てるとしても、撮影を拒否されたら元も子もないので、志納金を払うしかないのだ。また、志納金には定価がないのが怖いところで、有名な寺になればなるほど高額になっていく。

 そうなると、お金を払えないような出版社や経費を抑えたい出版社は、寺や庭の写真をイラストであしらうしかなくなる。

 他にも、拝観料の話もあるが、とにかく京都などの有名な寺々はどんどん儲ける。もちろん、浄財(という定)なので行政は税金を取ることもできない。

 

 これらには、ひどい話もあったもんだと思ったが、全てが”らしい”というものなので、全部を全部受け入れないこと。


結局京都好き

 なんだかんだ結局筆者は京都が好きなんだろう。出身の嵯峨(在住の宇治)が洛外扱いされていることに憤慨して、あらゆる歴史観をほじくりまわして洛中に一矢報いろうとしてる。しかし、最後のあとがきで、『そもそも、七に「しち」という読み方がありうると、私はながらく思ってこなかった(中略)私の信じる「ひち」は、国家権力の手先により、弾圧されたのだ』と筆者自身が東京とは違うのだという中華思想を持っている。

 <さげすまれてきた「洛外人」が京都人のえらそうな腹のうちを”暴露”>と本の裏側に書いてあり、「京都人の腹のうちを暴露」という意味では正しかった。

 

 主題が差別という声もあるようだが、この本を読んで、そこまで深刻に捉えることはできなかった。

 

印象に残った言葉

「シャカの想いを理解するためには、いやというほど女をあじあわなければいけない」

 

京都ぎらい (朝日新書)

京都ぎらい (朝日新書)

他の大学生もこんなことで葛藤を感じているのだろうか?

 ただいま履修登録に関して親ともめています。

 母曰く「約束していたのに裏切られた」、父曰く「大学でできるものを学べ」。

 母には1年の時に資格(司書、学芸員)を取って安心させるなどとほざいたようで、急に私が学芸員を辞めると言ったことに失望したようでした。そう言った記憶は今の自分には思い出せません。私はもうその勉強はしたくないんだと言っても理由が気力がないということなだけに説得させることができない。

 父もせっかく大学に行ってるんだからそこでできる勉強をしたらどうか、やりたいたいことばかりやっていても将来困るぞと言う。たしかにそうだけど、やりたくないんだ。騒がしい講義に神経をすり減らすのも嫌だし、空きコマがたくさんできるのも嫌だ。

 ここまで読んでもらったら分かると思いますが、たまらなくクズなんです。私。

 

 

 高校受験も部活もなにもかもやりきったことがない。母はそれを心配しているみたい。それに関しては納得。だけど、その後に、なにかやりとげれば自信が付くんじゃないかと言われたことに違和感を感じた。自信がない=何もやり遂げてないと決めつけられたようでなんだかもやもやした。だいたいなぜ資格取得に関して達成感を得なければならないんだろう…。

 

 「達成感を得たいならゼミでがんばれるわ!」って言いたいけど、これも本当に達成できるかが不安。なんでも途中で投げ出すことが多いから。

 

 物事が論理的にうまく書けたら楽しいと思う。だから私はあの先生のゼミを選んだ。この熱意は本物だ。うまい文章を書きたい、傾向を知りたいと思うのは本物の気持ちだ。これに全力を注ぎたい。だから他の場所で神経をすり減らしてがんばりたくない。やりたいことばかりして何が悪い。やりたいことを我慢してやるのもそれは大事なことだが、今は大学生なのだ。すこしぐらい甘えてもいいじゃないか。ずっと甘えてきたけど。

 

 愚痴が過ぎた。もう気持ちを切り替えなければ。

愚かな民がひどい政府をつくる

学問のすすめ 福澤 諭吉 (著) 斎藤 孝 (翻訳)

 

 福沢諭吉といえば、「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」の名言。あと、一万円札。

 その程度しか知識はなかったが、現代語訳版ともあってすらすら読めた。内容は、学問の目的とはなにか、について語られている。他にも、問題解決のコツや人間関係についても触れている。

 ありふた自己啓発本を数冊読むよりも、この1冊を読む方が有意義な気がした。

 

我々国民には徳があるか

 私が一番効いた言葉がこれ、「ひどい政府は愚かな国民が作る」だ。衝撃を受けた。 道理を諭しても無駄な国民には、威力で脅すしかないという西洋のことわざだそう。 逆に、「愚かな国民」にならなようにするためには、学問を志し、物事の筋道を知って、文明を身につけるといいみたい。

 

文明は国民がつくる

 文明には形があるものとないものがあり、福沢は形のないもの、すなわち、「文明の精神」が重要だと主張する。「文明の精神」は「人民独立の気概」と言え、国民が作り上げていき、政府がそれを保護する国の独立を助ける。そうすれば、1人1人が文明、国を所有物と考え、人民の気力を増す道具になるようだ。

 また、文明を作り上げていくにしても、その道筋が間違ってはいけない。

 

心に刺さる言葉の数々

 良い名言が、「実際に生かせない学問は、学問ではないのに等しい」、「国の法を必ず守ることで、この身の保護を受ける。害するものがいるのなら政府に訴えるべき」、「風紀を気にしているばかりの学校は程度が低い」など挙げたらキリがないほど出てくる。

 また、人間が衣食住に満足しているのは蟻レベルだと言ってみたり、もしも外国と日本の立場が違ったらどうかという例を出してみたり、ユーモアのあるおもしろい皮肉がたっぷりだった。

 

印象に残った言葉

「人間のくせに、人間嫌いするのはよろしくない」

 

学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)

学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)

おしゃれは得、不審者に間違われないためにも

 最近インスタ始めました。「いいね」がなかなか貰えるので、撮る楽しみが増えました。自己顕示欲大! カメラを持ち歩いて出回る機会も増えました〜。

 被写対象は主に鳥と花で、足元に生えてる花を撮るときはかがんだり、変な姿勢になるので不審者に見られていないか心配ですが…。

 

 私は本物の不審者を見たことはないのですが、不審者ってどういうもんなんでしょうね。

 不審者に見られたくないないな〜って思ってググってみました!

不審者とは、挙動等に異常の見られるものをさす用語である。

不審者とは (フシンシャとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

 のようです。

 

 要は挙動不審な人は皆不審者ってことですか。キョロ充とかも入るんですかね。

 

 具体的な事案としては、

  1. 声かけ事案
  2. つきまとい事案
  3. 連れ去り容疑事案
  4. 性的嫌がらせ行為
  5. 写真撮影

があるようですが、写真撮影で不審者扱いされる事案があるのが少し怖いですね。

 

 ヤフー知恵袋2chでは、不審者に間違われた方や警察に声をかけられた方もいあらっしゃるようで、服装を気をつけるとか、1人だけで撮影を行わない、などアドバイスがされています。

 

 私も撮影時には、なるべくおしゃれな服装や、清潔感がでるような身だしなみを心がけてはいますが、出歩く時間が不規則なので怖がる方も致し方ないのかな。特に子連れの親御さんは。

 まだ、不審者扱いされたことはないですが、されることを考えるとすごく心配です。 

 もしかしてもう小学校などではもう

「白いストライプシャツにMA-1、黒のジーンズにスニーカーで、片手に一眼レフカメラを持った男が目撃されてます。」

なんていう紙が出回ってるかも…!

 

 嫌な思いをしたくないのなら、なるべく不審者に見られないように立ち回るしかありませんね。

 

 

p.s. 『MA-1』とか、『ディーゼルのシャツ』のようなブランド名を言ってくれると  不審者感が薄れる気が…する。

はじめの一歩(古本)

古本道入門 岡崎 武志

 

 著者は、小学校の帰り道、古本屋でマンガのフロクを買い始めたのをふりだしに、高校時代から古本屋通いが本格化した岡崎武志

 

 

 この本は、『いい古本屋の見分け方』、『神保町や地方、著者のおすすめする古本屋のガイド』、『本と相性の良い喫茶店』、『新古書店について(ブックオフなど)』と最初から最後まで初めて古本に触れようとする人たちに優しく説明する。

 また、古本好きの人は、古本に興味を持つ、古本屋で買う、即売会に行く、持っている古本を売る、という段階を踏むことが多いので、これから古本が好きになっていく人たちに向けた古本屋を営む注意点にまで及んでいる。

 

 古本屋が気になった人はネットなどを使い情報を得ると思う。著者曰く、職業別電話帳や古本屋名簿を使うのも良いそうだが、やはり、一番はネットが早いようだ。

 このような文学好きは、ネットや新しいことを毛嫌いしている偏見があったが、そんなこともないようだった。

 

 古本を買う理由として、一番は安いことだが、それ以外にも、初版と再版、装幀違い、出版社が違いなどで買うこともあるそう。

 

 そこまでの深みにハマるかは分からないが、近いうちに古本屋に足を運ぶと思う。

 

印象に残った言葉

 「けっきょく、見た目に好ましい店こそ、客が集まる店なのである。外観を見て、何かを感じたら、ドアを押して入ってみることだ。」