読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正直になれない大学生ブログ

趣味、鬱憤、等々つらつら書いていく。そんなブログ。

テラリウムに切り替え、めだかは上から眺めた方が美しい

テラリウム風にしましたどうでしょう?
程底掃除のついでにソイルの面積を増やし、浮いていた水草たちも植えることができました。

f:id:tyatupi:20170506122143j:plain

 底沙の色のせいかドジョウの縞模様が濃くなりました。

 

f:id:tyatupi:20170506122202j:plain

 

f:id:tyatupi:20170506122214j:plain

 
 
タニシに、ソイルを荒らすのをやめてもらいたい(切実)

二項対立で説得力のある文章を 〜線を消したり、引いたり〜

大学生の論文執筆法 (ちくま新書)  石原 千秋

 
 先週のタイトルと酷似。
 この本は、主に「文科系(中でも文学好き)の大学生か大学院生」のために、第一部では論文の書き方を思いつくままに、第二部で二項対立で論文を書く術を例文を紹介しながら、論文の書き方を解説する。あと時々、余談とカルスタ批判。
 
 著者は、成城大学の教員を経て、現在は早稲田大学の教授として働いており、大学で教えてきた内容を本で紹介してくれる。ちなみに成城大学の学生が書いたレポートを扱った、『学生と読む『三四郎』』(新潮選書)という本が刊行されているらしい。
 
エッセイ的な1部
 大学生に論文の書き方を教えるに当たって、まず身近であろうレポートの書き方から説明するが、論文の書き方と重なる部分も多い。講義レポートのコツも教授目線から教えてくれる。
 
 小見出しごとに一つの内容について書いてくれるので、読みやすく、また検索性も高いと思う。
 しかも階層性で、例えば、
  
三 レポートの作法
三・一 タイトルを付けること
三・一・二 テーマ設定と枚数
・ 
・ 
三・七 夏休みは不良になれ
三・八 たった一つのテーマで書くこと
三・八・一 論文は構成を考えること

 

のように並べてられています。

 

著者の伝えたい2部
 第二部では、はじめに線を引く意味について軽く紹介し、例文を用いて実践に入っていく。おそらくここで一度心が折れるかもしれない。(中古で買ったのだが、マーカーが2部になった途端消えていた。)
 二項対立を用いた例文は7つあり、著者がその例文のあとに解説する。この解説はわかりやすく、例文が”ちんぷんかんぷん”だったとしても、理解しやすい。
 また、例文と解説を読み進めていけば、内容を把握していくスピードが上がっていくように感じられた。
 
 著者は一部で、二項対立を使う文章についてこのよう述べる。
 
 受験生なら二項対立を使って読めばよかった。しかし、大学生は違う。自分で二項対立が作れなければならないのだ。それは自分なりの世界を持つということ、いや自分なりの世界を創ることだと言える。つまり、クリエーターなのだ。それが知的な思考の入り口である。
 (略)もちろん、二項対立的思考を否定する立場があることはよく知っている。しかし、二項対立を否定する場合でも、二項対立は<良い/悪い>と二項対立を使わなければならないのだ。それほど、二項対立は僕たちの思考そのものとなっている。それを乗り越えるのは、まず二項対立を身に付けてからの話である。

 

 そして二部で、まず線を引くこと、あるいは線を消して引き直す重要性を主張する。

 著者の言葉を借りるなら、線を引くことが、「僕たちの思考のはじまり」になる。

 

印象に残った言葉
 「よく大学の授業がつまらないという声を聞くが考えてもみてほしい。週に一〇コマ以上の授業がみんな興奮するほど面白かったら、君たちだって身が持たないだろう。(略)週に二コマか三コマ「面白い」授業があったら、学生生活としては十分ペイしているはずだ。一週間を,その授業が中心になるように計画すればいい。」
 
大学生の論文執筆法 (ちくま新書)

大学生の論文執筆法 (ちくま新書)

三段論法で説得力のある文章を

仕事文の書き方 (岩波新書)  高橋昭男

 
 最近古本に目をつけた。魅力はなんといっても安いこと。元は700円の本が100円だ。
 そんな古本の一冊目がこの本だった。
 
内容
 この本は、1997年に発行されてそれから一切改訂されていない。もちろん、文章にトレンドや死語などが変わってくるが、文章の書き方の基礎はそこまで変わらないものだ。
 仕事文、特にマニュアル文を書くことに重きを置いてあるが、汎用性のある文章の書き方も紹介されている。
 仕事文とは何かから始まり、文章の書き方やルール、そして他に気をつけるべきこと(著作権、誇大主張など)と進む。
 
良い文章、悪い文章の例をあげ、
  • なぜいいのか、または悪いのか
  • どう直せばいいのか?
  • このようなまちがいをくりかえさないためには?
の3点からアプローチしている。
 助詞の使い方や修飾語についてなど国語の教科書的な面もある。
 
わかりやすい文章とはなにか
 マニュアル文を書く上では、簡潔さや文の順番が重要だ。
 悪い例文と改善した例文の例があるので紹介する。
 
良い例
電気洗濯機を屋外に設置すると、雨にあたると電気系統に水が入り,感電の原因になったり、また屋外に放置すると、金属部分が錆びて、穴が空いてしまいます。かならず屋内でご使用ください。
悪い例
電気洗濯機は屋内でご使用ください。屋外に設置しないでください。屋外に設置すると、雨にあたり電気系統に水が入り,感電の恐れがあります。また長期間屋外に置くと,金属部分が錆びて穴があき,使用できなくなってしまいます。もし,このような状態になりましたら,御買上店.または当社各営業所にお問い合わせください。
 
 ほかに、わかりやすい文章を書くコツとしてして
  •  形容詞は具体的に、そして数値化する
  • イラスト等のビジュアル効果を狙う
なども紹介されている。
 
説得力のある文章を
 第7章では、説得力を増すための方法が紹介されている。
 三段論法を使うと説得力がさらに増すらしい。私は、恥ずかしながら、この歳で初めてこれを知った。
    たしかに、使いこなせれば、説得力のある文章が書けるようになると思う。
 
正しい使い方
煙あるところに火あり 大前提 植物は生物である
あの山に煙見ゆ    小前提 桜は植物である
故にあの山に火あり  結論  故に桜は生物である
間違った使い方
私は1日60本の煙草を吸う 大前提
私は健康そのものだ     小前提
だから煙草は健康にいい   結論
 
 この理論における間違った使い方の大前提を訂正すると、大前提を「毎日たくさんの煙草を吸うことは健康に不可欠である」とする必要がある。
 しかし、大前提には,真理または真理に近い事実を述べる必要があり、この場合、世界的なレベルでの事実が「タバコは健康に良くないこと」であるので正しくない。こういった部分が、三段論法の難しさである。
 
 ほかには、比較する数値をあげることや事実や経験を織り交ぜると説得力がある文章が書けるというような一般的なことも書かれている。
 
印象に残った言葉
 「時間の許すかぎり素読とリライトをくりかえすことが、文章上達の最短の近道である」
 
仕事文の書き方 (岩波新書)

仕事文の書き方 (岩波新書)

 

果実酒作ってみたよ! 〜35度のお酒、それはもうエタノール〜

2ヶ月前に漬けておいたグレープフルーツ酒が完成しました!
じゃん!

f:id:tyatupi:20170509144104j:plain

(グレープフルーツ抜いた後だから、存在感が薄い…。)


試しに炭酸で割って一口飲んでみたのですが、それだけで体が暑い笑

ぽかぽかしてきてびっくりしましたw

 

果実酒にはホワイトリカーというお酒を使いましたが、さすが35度のお酒、すごいw

エタノールの匂いがほのかに香りました苦笑

 

味はというと、なんか苦い。思った感じと違った。

もっとさわやか!すっきり!ちょっぴりすっぱい!みたいなことを想像していました。


親に飲ませたらいい苦さで美味しいって言っていたのでまあいいのかな。自分が飲むように作ったけど、たぶん飲まないな笑

とりあえず、コップに注いだ分は飲み切らんと…

かんぱーい!…っと……。

とりあえずGWが終わって思ったこと(つぶやき)

家でごろごろ過ごそうと思ってたら、意外に忙しくなったGW。

普段インドアなんで、暑さと照りつける日光にびっくり。とってもつらかった。人酔いもした。暑さで熟睡ができない。全然疲れが取れない。でも遊ぶ。疲れが消えない。

それで、繰り返し外に出掛けるから、友達と遊ぶときに、疲れが相手に伝わるくらい出ちゃっててツライ。体力のなさに笑う。

 

午前中に集まったとしたら、14時くらいにはものーーすごく口数が減ったり、返答が雑になったりします汗

 

例えば、こんな感じ。

 

友達「この服どう?良くない?」

私「いいね〜」

友達「こないだ◯◯に会ってさ〜」

私「へぇ〜」

友達「これ◯◯じゃない?」

私「ね。」

 

みたいな返答を繰り返してるのってどうなんだんろ笑

「ね。」率の多さw

 

帰りに飲みに行こうって話になるけど、いざ帰りになると、疲れたからまた今度パターンが多いこと多いこと。

私の元気はもって4時間かな。短し。

 

でも、よく考えたら昔からかもしんない。

 

明日は1日ごろごろして学校に備えたい。いや、課題が…。