正直になれない大学生ブログ

普通のことを普通につらつら書いていく。そんなブログ。

「意識高い系」を目指すなら

「意識高い系」の研究 (文春新書) 古谷 経衡 (著)

 

 「意識高い系」は意識が高いのではない。あくまで「系」なのだ。そして、本書は「意識高い系」をスクールカーストからの逃避であるという視点が活気的だ。

 

 「意識高い系」になるならまず「第一階級(支配階級)」「第二階級(中途階級)」「第三階級」と大きく分けたスクールカーストの中途階級に属さなければならない。

 そして、そして、「意識高い系」になるためには以下のステップが必要だ!

 

1、支配階級と比べて何もかも勝てないことを意識して劣等感を味わい続けよう。

土地移動が可能な「上洛組」はaコースへ、土地移動が難しい「在地下克上組」はbへ

 

a上洛組

a-1、高校を卒業後大都市へ移動しよう!

a-2、都会的な生活をあいつら支配階級にみせつけてやろう!

→失敗したらbコースへ

 

b在地下克上組

b-1、入った大学域外でなにか活動しよう!

b-2、かつての支配階級と顔を合わせないような分野で支配階級になろう!

 

 そして、そこで「他人の靴をなめてでも」という気概で努力をせず「他者に対し己がいかに素晴らしいのかを喧伝」し、「お手軽承認」を求める者たちが朽ちていくのだ。

 

 著者の「支配階級」言うなれば「リア充」に対する嫌悪は凄まじい。

 在地下克上組である小4偽装サイトの青木大和に対して「『授業中は寝ているけどスポーツで日本代表の子、俳優を志す子、音楽に熱中する子』というふざけたリア充連中を成人してから下克上するための手段」は、「地を這うような努力のみ」だとしながらも「青春時代の屈辱の辛苦のほうには、私は満腔の同情と共感の情を禁じ得ない」と自分の境遇と重ねる。

 地元の「上級の親族から受け継いだ土地に土着したリア充たちは、何が面白いのか一年の半分が雪に閉ざされる北海道でまだ平然として生活し、場合によっては結婚して子供まで作っている」とあからさまな嫌味を放ち、「仕事も遊びも毎日がキラキラしている」彼らは「公に宣伝」しない、つまり「リア充を観測できない」と付け加える。

 

 本書は、「リア充」に対する悔しさ100%で出来上がっている。しかし、この悔しさによって「意識高い系」が生まれ、その中でどういった種類分けができるのかが丁寧に説明されている。場所を変え分野を変えるだけで「一発逆転」は狙えないぞと指摘し、自分らも「お手軽承認には何の意味もない」と呼びかけ続けているのだ。

 

印象に残った言葉

リア充は社会や政治に疑問を持たず、また土地に土着する中で自明の人間関係を重層的に構築する天然強者の存在」

 

「意識高い系」の研究 (文春新書)

「意識高い系」の研究 (文春新書)

 

 

今週読んだ本
  • 観光地の賞味期限―「暮らしと観光」の文化論(春風社) 古池 嘉和 (著) – 2007/9/1
  • ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す これからのソーシャルメディア航海術 (PHPビジネス新書) 津田 大介 (著) – 2014/1/18
  • 60年代ポップ少年(小学館) 亀和田 武 (著) – 2016/10/12
  • 「意識高い系」の研究 (文春新書) 古谷 経衡 (著) – 2017/2/17

個人情報は載せてないから大丈夫

大人を黙らせるインターネットの歩き方 (ちくまプリマー新書) 小木曽 健 (著)

 
 ネットの危険性は子供に伝わりにくい。だが、ネットなんてやらないから私には関係ないぞと高を括っているそこのあなたも要注意である。例えば、ネット炎上では「『ネットを使ってない人』が『ネットを使っていないとき』にでも起こせてしまう」のである。それだけではなく、身元がバレてしまう危険性がある。
 
 twitterで別アカウントを作って楽しんでいたが、依存しそうで怖くなりそのアカウントは消した。
 ふぁぼと呼ばれる「いいね」合戦や誰が誰をリストインしたかなどを次第に気にし始める。こうなるとほとんど現実と変わらないことが分かってくる。
 「あの人は私を誘ってくるなかった」「あのグループに入れてもらえなかった」が「あの人は私をリスインしてくれなかった」「ふぁぼあんなにたくさんしたのにしてくれなかった」へ取って代わるだけだ。
 
「周りと比べてしまう人はSNSは向いていない」と言われるそうだが、正にその通りだろう。始めた当初は、色んな年代の人とやりとりできることに高揚感を感じ、たくさんコミュニケーションを取り始める。しかし、いつのまにか「いいね」がもっと欲しくなり、リプに反応がいつ来るかが気になってスマホが手放せなくなる。
  2ちゃん? 5ちゃん? に晒されたと憤慨する者がいる。過剰なツイートをしたり、顔出しなどをしてもっと「承認欲求」を満たしたくなるようなのだ。晒した者が悪いということは当たり前だが、あれだけネットの拡散性が謳われている中でそのような行動をするのは不思議でならない。挙句にまた新たな顔を出している始末だ。
 鍵付きにしてるから大丈夫だと言うトンチンカンな方も多いが、「地球にスクリーンショットがある限り」◯◯限定というSNSはありえない。
 
 スマホでやれるコトが増えるということは、スマホの使われ方が変化」し便利になっている反面、「個人情報を載せてないから大丈夫」と安心していると「変態」にターゲットとされる危険性もある。
 本書は「大人を黙らせる」インターネット活用法として、特にSNSに関する様々な大人たちのひとことに切り返す形でその危険性と便利さを伝えている。
 適度な距離を持ってネットと付き合い、もし危険な目にあった際の対処法を知ることができる。ぜひ、軽い気持ちで読み進めてほしい。
 炎上しない方法? 「現実でやっちゃいけないことをしない」、ただそれだけである。
 
大人を黙らせるインターネットの歩き方 (ちくまプリマー新書)

大人を黙らせるインターネットの歩き方 (ちくまプリマー新書)

 

 

印象に残った言葉
「解決策のある問題なんて、ネットの炎上では問題とすら呼ばないんですよ」
 
今週読んだ本
  • はじめて語るメンズリブ批評(東京書籍) 蔦森 樹 – 1999/7
  • 大人を黙らせるインターネットの歩き方 (ちくまプリマー新書) 小木曽 健 (著) – 2017/5/9
  • すべての新聞は「偏って」いる ホンネと数字のメディア論(扶桑社) 荻上チキ (著)   – 2017/12/9

大学生活でしておくべきことは何?

大学4年間で絶対やっておくべきこと (中経の文庫) 森川 友義 (著)

 
 私が大学というものを知ったのは穂村弘『蚊がいる』のある一文、「先生を見つけてください」であった。これは大学で尊敬できる先生を見つければ学問の扉が自然と開かれるということであり、この言葉のお陰で少し前を向けた。
 
 さて、先日書店で見つけた『大学生になってやるべきこと』というちょっと挑戦的な本を見つけた。
 「『〜べき』なんてタイトルに付けやがって」、「どうだ、どれだけ当てはまったか見てやろう」という気持ちで買ってみたのが、病みを抱えるだけの結果となった。
 
大学でコンセプトをつくる。
→つくってない。
キス。
→してない、そもそも恋愛できてない。
→受けてない。
 
 やってないことだらけでただただ悲しくなった。
 そしてトドメの一言。「4年生以上は、既に遅いです。残念でした、もっと早くこの本に出会っていれば人生が変わったはずなのにね」。
 実際この本は大学1年のころから知っていたが、わざわざ誰かに指示されることではないと思って手に取らなかった。しかし、今になって後悔するとは思わなかった。
 人は「もしかしたら」の可能性を捨てきれない。そして、その可能性は際限なく前へ前へと戻っていく。
 
 本書のキーワードは一言に「ギブアンドテイク」。与えなければ与えられない。それは友人関係、恋愛、就活、人生全てにおいて当てはまる。
 知り合いは、両者で交換されるものが少ないか代替が効くものであるが、親友になれば、お互いが価値提供し続け必要とし合うレベルが高くなっていく。
 恋愛でも、自分の資産価値が相手の資産価値と合っていれば付き合え、合わなければ付き合えない。
 
 「友情や恋愛をこんな経済学みたいに捉えるなんて!」という意見もあるだろうが、この考え方も全くのハズレではない。たしかに納得がしにくく肌感覚で嫌な感じを受けるが、お互いにメリットがないと続いていかないというのも事実だ。
 そもそも、実際に充実している人生が羨ましいと思ってしまった自分には、これに対抗する力は残されておらず、何を言ってもただの遠吠えになってしまう。
 
 著者の書籍は他にも『恋愛学』や『一目惚れの科学』など恋愛系が多く、本書も恋愛指南書のように書かれている傾向が強い。
 知性がある人=恋愛に奥手な人がターゲットであり、つまりは恋愛に成功している学生が取る可能性は(ほとんど)考えられていない。
 挑戦する気持ちで買ったこの本には、購入する前に負けていたのだ。
 
印象に残った言葉
ドーパミンが多いと、アウトドア派になり、少ないとインドア派になります」
 
今週読んだ本
  • 友だち幻想 (ちくまプリマー新書) 菅野 仁 (著) – 2008/3/6
  • 女ぎらい ニッポンのミソジニー(紀伊國屋書店) 上野 千鶴子 (著) – 2010/10/6
  • 大学4年間で絶対やっておくべきこと (中経の文庫) 森川 友義 (著) – 2014/2/27
  • あとその他色々、通しで読まず

「滑稽だな」

先日、大学の図書館で動画を大音量で流しました。
しかも、ゲームの実況です。
 
 
私のパソコンは電源が電池切れで落ちると、状態を維持して再起動するのですが、私がyoutubeで動画を見ながら「電池切れで電源が落ちたこと」をすっかり忘れたまま学校に持っていきました。
そして、図書館で電源を入れました。
 
「うわぁ〜まじかよ! 絶対絶命! 唸れ俺の〜」
痛い実況が館内に響き渡りました。
 
急いでログインして止めようとしましたが、キーボードが反応してくれません。
じゃあ、と思いスイッチを長押しして電源を落とそうと試みましたが消えてくれません。
 
私の頭はパニック。
パニックの中でも動画は止まることを知らずに、厨二くさい発言を連発しています。
 
とりあえず操作を受け付けてくれるまで耐えようと、バッグに入れました。抱きました。股に挟みました。挙句にはパソコンを振り回してドップラー効果を狙い(今思えば意味不明)ました。
かれこれ5分ほど経ち、もうパソコンを破壊するしかないと思いかけた時にようやく動画が止まり落ち着きました。
 
ネットに繋げていないにも関わらず動画を再生し続け、閉じても尚諦めないパソコンにはただただ腹が立ちました。普段私が雑に扱っていることへの抗議ですか。
 
 
 
…私はこの一件以来あの実況者が嫌いになりました。

しばらく読書記録投稿やめる & 残り生活の焦り

新年入ってからずっと気になってたことがありました。

それは文章力のなさです。

 

自分が読んだ本に関して書いた文章が全く面白くない。

ずーーーーーーーーーっと、伝わってないだろうなっていう文章しか書けていなかったと思います。

自分で何言ってるか分からなくなっている内容の方が多かったくらいです。

 

だから、しばらく読書記録は止めて少し文章力磨いてきます。(勝手にやれ)

 

 

 

 

さて、最近の心中についてでも書こうかな。
 
 
大学1年2年に持ってた何かこう重要なものを置いてきた気がする。
重要なもの、というかプライド。何か一生懸命やるのは恥ずかしいというプライド。捨て切ってはいないけど、どんどん削られていって、そのキラキラした残りカスが別のものに生まれ変わっているような感じがする。分かりにくい。
 
だからか、あまり他人を意識しなくなった。いや、してはいるんだけど。
そういうときは自分が居心地がよくなるように振る舞うようになった。
 
大学生活を1年残したところでようやく、やりたいことに臨む勢いがついた。
私は、講義1つ取るのに周りを気にし(見た目は気にしていないフリ)、何かを最後まで突き止めることがなかった。
それは、私が、底がしれないことをアピールしたかったからだろう。
一生懸命やんなくてもこのぐらいできるという見栄のようなもの。
 
例えば、グループワークでアイデアを出す時も、自分の体験を混じえてでも何か出そうとする気はなく、終始一般論をのべる。
 
例えば、レポートやテスト、こと就活においても100%を目指さない。常に80%で止まっている。
 
「うさぎ」か「かめ」か、と問われたら間違いなく「うさぎ」と答える。
とりあえずやったけど、このぐらいやればあとは大丈夫。
別に抜かれたって本気を出せば追いつけたんだっていう言い訳も捻出可能。
 
こういうのって本当に無駄に時を過ごしたなって後悔する。
 
あと1年やりたいことに全力で。笑われたってなんだっていい。
とにかくやらないと何も得ずに終わってしまう。
 
とにかく時間がない。大学生活はあと1年しかない。
そういう思いで動いていると、何がいらないか何が必要かがはっきり見えてくるような気がする。実感する。
 
追伸
やはり紹介したい本が出てきちゃってるので、少しずつ書いていこうかなって思ってます。優柔不断…汗