正直になれない大学生ブログ

趣味、鬱憤、等々つらつら書いていく。そんなブログ。

大学生活は遊んで、学んで、就活へ

大学の思い出は就活です(苦笑)―大学生活50のお約束 (ちくま新書)  石渡 嶺司 (著)

 

 最近教養と呼ばれる本を読んでいない気がする。
 この『大学の思い出は就活です(苦笑)』は自己啓発…特に実用向けの本。…実用向けかどうかも微妙。個人的には楽しく読ませてもらった。

 この本は、大学生活をどう過ごしていくか、悩みが多い大学生に向けられた本。できれば、高校生のうちに読んでもらいたい。

 とりあえず、就職が差し迫ってるから買ったっていう程だが、実際は、目次にある『リア充でも非リア充でもどちらでも』に惹かれて買ってしまった汗

 問題を定義しては、詳しい回答を別の新書に投げることはあるが、ほかの本にも触れる機会を与えてくれてる思えば、また良い。

 文章は、とても茶化した感じで、真面目な…とは言い難い。

 

目次

第1章 大学生活、はじめの一歩 入学式前夜
第2章 大学の勉強、くだらないとか言う前に 勉強
第3章 バカ騒ぎから勉強までご自由に サークル活動
第4章 居場所がなくて寂しいと 居場所・人間関係
第5章 ムカつく店長もいい思い出に アルバイト
第6章 毒になるか、薬になるか ネット・ケータイ
第7章 学費・仕送り・時間が全部ムダ 落とし穴
第8章 こんな大学、もう嫌だ! 再受験・中退・転部
第9章 面接で話せるエピソード(失笑) 資格・留学・読書
第10章 ナビサイトを使い出す前に 就活関連

 

大学の意義

 大学に通っているうちに、なんのために入学したのかをすっかり忘れてしまうことがあると思う。私も、ただ惰性として通っていることが多くなった。

 著者は大学に行く意味を「答えを自分で探す」ことだと言う。

 小中高と答えが決まっている事に取り組んできたため、大学でも答えが決まっていると思い込んでしまうが、そうではない。答えがないものが多いから、自分で探すしかないのだ。そして、その象徴が、卒論であろう。

 自らテーマを設定して、新しい考え方や、アイデアを提示する。その卒論こそが、大学に通った事の集大成になるんだと、この本を通じて感じた。

 

自身がない大学生に向けた資格取得

 学歴コンプレックスを抱いてる若者は少なからずいるはずだ。

 私もそうなのだが、インターンに出向いた際も、高学歴と聞かされると、たじろいてしまう。

 そして、特に中堅大学以下の私大では、資格、特にビジネス資格を取らせようとする傾向が強いらしい。

「大学入試が難関大の学生に比べてしかるべきハードル(注:一般入試のこと)を越えていない。つまり、入試で挫折もしていないし、成功体験もない。そのままだと心が弱すぎて就活でも簡単に挫折してしまう。そこでビジネス系の資格を取得させることで挫折と成功を体験させるのが狙い」(中国地方の中堅私大教員)
「ビジネス系資格が就活にそれほど影響しないことは百も承知。ただ、何でもいいので心の支えにしないと」(首都圏の中堅私大、就職課職員)

これが、大学側の本音のようだ。

 たしかに、挫折を味わっていないとの指摘は確信を突いていると感じた。


印象に残った言葉

リア充学生は非リア充学生のことを「オタク死ね」と内心思っています。非リア充学生はリア充学生のことを「リア充死ね」と内心では思っています。どっちもどっちなので不毛な争いはやめましょう」

 

大学の思い出は就活です(苦笑)―大学生活50のお約束 (ちくま新書)

大学の思い出は就活です(苦笑)―大学生活50のお約束 (ちくま新書)

 

今週読んだ本
  • 人間はなぜ非人間的になれるのか (ちくま新書) 塚原 史 (著) – 2000/10
  • 教養としての聖書 (光文社新書) 橋爪 大三郎 (著) – 2015/3/17
  • 憲法の無意識 (岩波新書) 柄谷 行人 (著) – 2016/4/21

これが読破できたら、あなたは読書マスター!? 〜私の積み読3選〜

私の積み読3選

 

読書って楽しいですか? 

私は普通の人より、本を読んでいる方だとは思いますが、楽しいと思って読書したことはあまりありません笑

そんな私が、これはつまらn…難しいなと思い、挫折した本を紹介させてもらおうと思います。(最近、あまり本を読んでいなくて書くことがなかったなんて言えない…)

 

マボロシの鳥 (新潮文庫) 太田 光 (著)

 

爆笑問題の太田さんが初めて書いた小説です。これを私は高校1年生の時に読んだのですが、話が飛んだりしてとても読みにくかった記憶があります。

とにかく無心で読み進めていたので、本当に記憶が薄い。

最後まで読もう、と耐えて読み進めた最初で最後の本です。

 

太田さんはこのあとに、『文明の子』という小説も出しそうですが、どうだったのでしょうか。『マボロシの鳥』のトラウマで買う気が湧きません。

 

マボロシの鳥

マボロシの鳥

 

白鯨 ハーマン・メルヴィル (著)

 

この小説は、映画『バケモノの子』で興味を持って買ったんですよね。

特徴は、まったくというほど起承転結がない。ないというより小さい。ここの文章を頑張って読み進めたら、なにかあると思っても何もない。そんなことが繰り返されます。

私は、上巻の鯨の生態説明まで読み進めたのですが、そこでそっと本を閉じました。

 

レビューや感想を聞くと、下巻の鯨との決闘が面白いそうなんですが、それが、さらに下巻の最後だというので、そこだけ読むのありかもしれませんね。

 

私は、小説を諦めて、映画で見ました。迫力あるし、テンポも良くて面白かったです。

 

焦らされて焦らされて…さらに焦らされて、爽快! みたいな小説が好きな方は読み進められると思います。(たぶん)

 

白鯨 上 (岩波文庫)

白鯨 上 (岩波文庫)

 

聖書入門 (岩波新書)  小塩 力 (著) 

 

聖書を知りたいと思った時に見つけた本です。超ドストレートなタイトルに、「これは、もう買うっきゃねえ!」と思いました。間違いでした。

はっきり言って、入門向けではない。事前知識がないと太刀打ちできません。

 

また、読書メーターのレビューを見ると、「旧約聖書新約聖書の概略、唯一神など聖書の特色を述べた本。著者は敬虔なクリスチャン(牧師)なので、やや超合理的なところも。」とあるように、やや著者の思いが強く出てしまっているようだ。

 

50年代の教養書なので、そこを考慮すればまあ、一般的な難易度なのかな…とも言えますが、現代の方が何の知識もないで読むときついと思います。

 

聖書入門 (岩波新書)

聖書入門 (岩波新書)

 

3冊を振り返って

 

いかがだったでしょうか? 

「こんな本すら読みきれないのか!」と言われる方もいらっしゃると思いますが、今の私には、とても読破することが難しいです。

もし、これらの本を読んでみたくなった方がいたら、まずは図書館などで読んでみることをおすすめします。

それでは。

 

首都圏周辺の格差を知り、街の情報を知る。

首都圏格差 首都圏生活研究会 (著)

 埼玉県民としては買わずにはいられなかった新書。
 第1章で、1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)を人口・教育・治安・所得・健康・医療の点から格差を比べ、2章以降で、1都3県の各市区のデータや著者の考察が述べられる。
 目次を見て、自分が住んでいる、通っている、あるいはその町を知りたい、という人には是非読んでほしいなと思う。
 
目次
第1章 1都3県の実力を徹底分析!
第2章 憧れの街の意外な現実! 東京
第3章 横浜だけじゃない! 横浜
第4章 狙うは首都圏3位の座! 千葉
第5章 実はけっこうハイスペック!? 埼玉
 
所詮埼玉はベッドタウン
 埼玉の有名なものはなんですか? と聞かれると大抵の人は「ない」とか「わからない」と自嘲気味に答える。
 私であれば、秩父三峰神社幸手の権現堂、川越の小江戸あたりを挙げるかもしれない。
 
 なぜ、埼玉の特徴が薄く感じられるのか? それは、埼玉が東京ありきのベッドタウンになっているからだろう。
 埼玉県の昼間人口比率は88.9で、関東でもっとも昼間に人が減る県であるようだ。
 そして、それを牽引しているのが、大宮駅の存在であろう。大宮駅の路線数はなんと12路線である。あの東京駅が14路線なのだからものすごい数だ。
 ベッドタウンを促進させた大宮の罪は重い。罪というか、恩恵だけど笑
 
地域の治安を知るなら2ちゃんねる
 その街を観光とするのと、住むのとではまるで価値観が違ってくる。もし住むのであれば、治安が良いところがいいに決まっているはずだ。(ヤンキーたちと仲良くなりたいなら治安が悪いところへどうぞ)
 そこで、使えるのが、『まちBBS』だ。『まちBBS』とは、地元のローカル掲示板で、調べたい街で検索かけると、その地域に関する口コミを知ることができる。井戸端会議のようなものだろうか。
 便利には便利だが、著者も言っている通り、ディープなネタばかりが投下されるので、悪い面が目につく場合もありそうだ。
 
 そして、もう一つ、著者が地域の治安を知るための方法として、
 
①駅前にあるパチンコ屋の数
②近くに公営競技場、場外馬券場がある
③ラブホテルや風俗店が多い
④大学や私立学校が少ない
⑤古びた公営団地が多い
⑥格安ドリンクを売る自販機がある
⑦ショッピングモールなどの客層に若者が多い
 
を挙げる。
 これらに当てはまるものが多くなるほど、治安は悪い可能性が高くなるそうだ。引越しをするときは参考にしてみると良いかもしれない。
 私はヤンキーが恐いので、一つも当てはまらない地域に住みたいものだ。
 
印象に残った言葉
「行政の浦和、経済の大宮、文化の与野」
県庁所在地さいたま市での立ち位置のようだ。(埼玉県民以外には興味のない話題か…汗)
 
首都圏格差

首都圏格差

 
今週(先週)読んだ本
  • 本はどう読むか (講談社現代新書) 清水 幾太郎 (著)  – 1972/11/20

  • 美しい国へ (文春新書) 安倍 晋三 (著) – 2006/7

  • 首都圏格差 首都圏生活研究会 (著) – 2017/7/31

長い幼虫期間を経て…

今週のお題はてなブログ フォトコンテスト 2017夏

 

 

…ということで、せっかくなので写真を投稿してみようかなと思います。

 

でも、夏らしい写真って撮ってないんですよね。(春らしい写真はいっぱいあるけど汗)

強いてあげるならこの写真かな。この撮ったことはよく覚えています。

 

一応、虫が苦手な方は閲覧注意ということで…

 

 

 

 

「青空を見る前に」

f:id:tyatupi:20170907004715j:plain

約2年も土の中で外敵を逃れながら生きて、やっと外に出られと思ったら、そこで息絶えしまったんですね。

 

夏らしいと言えるかはわかりませんが、この一枚を上げておきます。

リベラルとはなんだろうか

リベラルという病 (新潮新書) 山口 真由 (著)

 

 最近読む本に、ニューアカとかリベラルと出てきて、それがなんなのかを知りたくて購入。リベラルを理解するには良かった。

 この本は、「大きな政府」か「小さな政府」か、「司法積極主義」か「司法消極主義」か、他国への「介入主義」か「孤立主義」か、を著者の体験や歴史の出来事を例にとって、リベラルとコンサバの対立を探っていく。

 

目次

Ⅰ リベラルという宗教

Ⅱ 最高裁判事という権力者

Ⅲ 揺らぐ家族像

Ⅳ 奇妙な日本のリベラル

 

リベラルの基礎は征服

 リベラルは『人種間の平等』という信仰を元に、自分達のコントロールできる領域を拡大しようとしている。

 経済不況や格差は市場に任せるのではなく、政府の積極的な介入によって解決されるべきなのだ。民主主義が人権を踏みにじるときには、聡明な裁判官が政治に介入してでもマイノリティを保護すべきなのだ。逆に、民主主義を解さない野蛮な帝国に対しては、内政に介入してでも折伏すべきなのだ。介入、介入、そしてまたしても介入ーこうやって、彼らがコントロールできる領域を拡大していくのが、リベラルの基本的な発想だ。背景にあるのは、「弱きを助け、強きを挫く」を地で行く我々こそが正義だというヒロイズムだろう。

 また、このリベラルが行きすぎている例も提示する。

 

LGBTQQIAAPPO2S

 「LGBT」とは、ポリティカル・コレクトネス(簡単に言うと、正しい言葉づかい)の代表例で、「L」は「レズビアン」、「G」は「ゲイ」、男女両方に性的指向がある「バイセクシャル」の「B」と、「トランス」の「T」を加えたのが「LGBT」だ。

 これに、「LGBT」に包含されない人からすると、「LGBTの権利」自体が、自分を無視する差別表現となりうる、ポリティカル・コレクトネスの観点から正しくないとして、「奇妙」という意味の「クイア」から「様々なセクシャリティを包括する言葉」の「2S」までの「QQIAAPPO2S」が追加されていった。

 読んでいると、言葉狩りのような過激さ、平等の際限の無さ、過剰なリベラルの異常さが目に付いた。 

 

印象に残った言葉

「とにかく自民党に反対することがリベラルではない。とにかく敵失を誘うことがリベラルではない。意見の違いを許さない不寛容さではなく、異なる意見の尊重こそを、アメリカのリベラリズムは理想としたのだ。世代間格差、安全保障、天皇制、核の脅威-この国の在り方を問うような論点が、多く生まれつつある。極端な左翼でも右翼でもなく、他者の意見に耳を傾け、違いを尊重し、そして共有点を探す-こういう試みが、我々にできるだろうか。」

 

リベラルという病 (新潮新書)

リベラルという病 (新潮新書)

 

今週(+先週)読んだ本
  • 「おたく」の精神史 一九八〇年代論(講談社現代新書) 大塚 英志 (著) – 2004/2
  • リアルのゆくえ おたく オタクはどう生きるか (講談社現代新書) 東 浩紀 (著), 大塚 英志 (著) – 2008/8
  • 読書進化論 人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか (小学館101新書) 勝間 和代 (著) – 2008/10
  • 岩波新書で「戦後」をよむ (岩波新書 別冊11) 小森 陽一 (著), 成田 龍一 (著), 本田 由紀 (著) – 2015/7/23
  • リベラルという病 (新潮新書) 山口 真由 (著) – 2017/8