正直になれない大学生ブログ

趣味、鬱憤、等々つらつら書いていく。そんなブログ。

人類の衰退の末ロ?

人類は衰退しました 平常運転 (ガガガ文庫)  田中 ロミオ (著), 戸部 淑 (イラスト)

 

 社会風刺がとても効いているラノベのようで、戯作と見比べる上で購入した。

 ずっと1巻を読んでいると思っていたが、最後のあとがきにて短編集だと知る。どうりで分からない話が出てくると思った(汗)

 

 社会風刺が効いている、という先入観で読み始めていたので、全部が社会を皮肉っている文章なのではないかと深読みしながら読んでいた。深読みし過ぎて疲れた。

 わかりやすい風刺もいくつかあって、一つはこれ。

「しゃっちょめいれい。しんしょーひん、かいはつするです?あしたまでに!」

「しかしながらしゃっちょ」
「なにかね?」
「したうけ、しぬです?」
 社内がシーンと静まりかえりました。
 下請けは兄弟、下請けは家族。
 互いに助け合うことで、この世知辛い衰退世界で生きていける......。その大事な大事な下請けが、過労死してしまうかも知れないのです。いったいどうしたらいいの?
 沈黙を破る社長の一言。
「......それをやらせるのが、きみのしごとでは?」
 
 何人死んだかは知りませんが、新商品が完成しました。

 …なんともポップでしょ?(笑)

 他にも、意味のない話が続く会議、歴史をしらない日本人、他人との評価を気にする人々、などをポップに話に組み込んで表現している。(もしかしたら考え過ぎてる部分があるかも…)

 読んでいて、「あぁ〜、これはこのこと言っているな。あれはこのこと…」と終始いろいろ考えさせられてしまう。

 

 人類の衰退という大きなテーマの中で、今の人間かどんな存在であるかを写し出してくれる、また過去未来も人間の本質は変わらないであろうことを感じさせる小説だった。ぜひとも本編も購入したい。

 

印象に残った言葉

「人間ってのは生きる不安がなくなれば、次のより高度な欲求が出てくるものなんだ。食い扶持がなけりゃあ食い物探しに必死になるが、満腹になりゃあ次はねぐらよ。そんでねぐらが見つかりやぁ、次はスケや家族ってな具合だ。そうやって欲求の段階が上がっていくと、最後はこんな欲望が出てくる。人に認められたいって欲求がな。(略)

 皆から優れた存在であると認められたい。それまで同格だった奴らに差をつけたい。屈服させたい。そのためには評価がいる。評価が高けりゃあ、優れてるってことだからな。」

 

 

今週読んだ本
  • 本の中の世界 (1963年) (岩波新書) 湯川 秀樹 (著) – 1963

果てしない鬱憤を…

Twitterにも書いてましたが、ホント最近、鬱憤が溜まることがない。
 
だから書くことがない。ストレスもまあない。
 
私の雑記への原動力はストレスしかないから、何も書けない笑
 
 
なんか雑記を書いてストレス発散してたとこはあるから、ここんとこ中身がスッカスカな内容ばっかで笑うw(空行で稼ぐ)
 
 
 
このところ「うわああぁ!」って感じにならない。
いや、毎日少しイライラはするんですけどね。大1、2ほどはなくなったかな。
 
「悟りの三女」とはよく言いますが、これは男にも当てはまるんじゃないかな、「悟りの三男」。
 
そういえば、大3の男は、サークルや学園祭などでリーダー的存在になるので、大学の女子(女子っていうか女性?)にモテるらしいですね。
私には、関係ないですが。
 
 
 
P.S. なぜか女友だちにブロックされました。泣きたい。

頭が良くなりたいと思う人への入門書

頭のよくなる本―大脳生理学的管理法 (カッパブックス)  林髞 (著)

 

 大脳生理学の応用として書かれたものが本書となる。中学生にもわかるように優しく書かれ(と著者は言っている)、入学試験を控えている人はもちろんのこと、生理学、医学、心理学を学んでいる人が読んでも新たな発見があるのではないだろうか。(前半生理学、後半心理学に近い)

 

 話題に入りやすくするために興味深い余談もあり、「気になったとこ読み」で進んでいくといつの間にか全てのページを読んでいることに気づく。「詳細は何ページ」という関連ページの記述が各所にあり、いろんなページに飛びながら読み進めていくことができる。

 

 五十音順索引あり。

 

目次
  1. 頭をよくする原理
  2. 頭を悪くする原因
  3. 頭の疲労度を考える
  4. 効果のある勉強・記憶法
  5. 生まれつきという悩み
  6. 性格も頭の働きのうち
  7. 頭が病気になったとき

 

眠る必要性

 簡単に説明すると、頭を働かせる際には、二つの物質(プラスとマイナス)を作る蛋白質(タンパク質)と、それに対する補酵素として、ビタミンBが必要になるのだという。そして、この二つの物質が作られるのが睡眠中だ。

 著者は、蛋白質とビタミンBを頭の栄養と例える。

 第1章に、1日の睡眠量はどれくらい適切かという問いが立てられるが、答えは、約8時間。つまり、正常に脳(厳密には大脳)を働かせるためには、約8時間睡眠を取っていれば充分となる。

 また、物質2つを作る際には、寝過ぎても寝過ぎることはないのだそうだ。

 

悟りを開け、ノイローゼを治せ

 おそらく著者が言いたいことの一番がこれ。ノイローゼ。

 ノイローゼとは、精神的な原因で生ずる神経機能の障害のことで、動悸や頻脈、震え、めまい、吐き気等の症状が表れる。

 著者は、字が二重に見えるようになってしまった青年を例にあげるのだが、その原因は、自分の成績が悪いことを隠すために身体(厳密には大脳)がこしらえた症状だった。以前紹介した宮崎音弥の『性格』にも、てんかん質の人がそのような症状を起こすという記述もあった。

 そして、ノイローゼの改善策をこのように述べて締めくくる。

 昔の人が座禅を組んで「悟る」という。座禅でなくとも悟るという経験をした人がある。それに似たものがあってはじめてノイローゼはなおる ものらしいと思います。

 いったい悟りというものは、あきらめでもあり、自己を知ることでもあり、欲を捨てることでもあるのでしょう。昔の偉い人はやはり欲があり、ノイローゼになり、そして自分で悟ったのではないでしょうか。悟りというのは、かならずしも宗教のことではない。日常生活でもふんだんにあることのようであります。

 

印象に残った言葉

「ぼんやりしているということは、何もしていないように見えるが、じつは、前と同じことを考えていることになるからです。ですから、同じ働きをやめないことになるのです。これに反して、別の働きをするということは、前の働きを完全にやめることになるのですから、前の働きについては、完全に休むことができるからです。」

 

f:id:tyatupi:20170713103448j:plain

ISBNがない…。

 

今週読んだ本
  • 頭のよくなる本―大脳生理学的管理法  (カッパブックス)  林 髞 (著) -1960
  • 私は赤ちゃん (岩波新書)  松田 道雄 (著) – 1960/3
  • 性格はいかにつくられるか (岩波新書 青版 )  詫摩 武俊 (著) – 1967/8

ね?チューしよ?(つぶやき)

暑いから薄着で来てんのにあの冷房の寒さはなんのなの。
暑がりが我慢してよ…。
 
でも、暑いからって我慢して、熱中症で倒れたら嫌だね…。
寒がりは寒くて不快を感じるけど、倒れはしないからね。
 
あぁ、でもやっぱり暑がりは我慢しろよ!
 
 
どうでもいいこと
熱中症を10回言ってみてください。
゚A`)≡〇)`Д゚).・;'∴

昭和年代の性格学(心理学)

性格 (岩波新書) 宮城 音弥 (著)

 

 発展途上の時代にあった心理学を性格の面に焦点を当てて書かれた本…という印象。

 昭和35年の本だけあって、言い回しがやたらくどくて、読みづらかった。慣れるしかない。

 昔の新書といっても、文章の流れは現代のものとそう変わらず、次はこういうふうに話が進んでいくんだなぐらいの予測は立てられた。(性格の概論や元→どう形作られていくか→その背景→実際の診断で使われる手段)

 

 参考文献や事項、人名索引あり。

 

目次
  1. 性格とはなにか
  2. 性格の類型
  3. 性格の類別
  4. 性格の形成
  5. 文化と性格
  6. 性と性格
  7. 性格の診断
  8. 筆相・手相・人相

 

病理法という技を用いる 

 この時代は、とにかく客観的で、数値として現れてくるグラフや結果を求め過ぎていたようで、筆者は、

 人間が自然に適応する技術から出発した。経験をつみ重ねて、これを分類し整理することも、一般的な法則を見出すことも、適応のために必要なことである。

 しかしながら、しばしば、この目的が忘れられて、方法のほうが重視される。数字で処理することができることは、大切なことであるが、数字で処理できないものには関心を示さない傾向が生じてきたのである。

 (…)動物実験を行って、数字とカーヴで、この結果をあらわすのが、真の医学であるという考えはかなり多い。しかしながら、これは全くの誤解である。

 と強く主張する。

 

印象に残った言葉

「精神的アレルギー」

 

性格 (岩波新書 青版 390)

性格 (岩波新書 青版 390)

 

今週読んだ本